ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

ブログ・お知らせ
2014年 2月

まちの問題と企業の問題2

2014-02-21 | ブログ

oka-bizユーグレナ講演20140220

 愛知県岡崎市に昨年10月にOka-Bizというビジネスサポートセンターができました。岡崎市出身のビジネスコーディネーターの高島舞さんがビジネスの側面から岡崎を元気にしたい!という強い想いが発端となった、新しい形の中小企業のサポートセンターです。このセンターが主催したセミナーが毎月2~3回開催されています。2月20日に参加したセミナーから気づいたことなどご紹介します。

 講師は株式会社ユーグレナ(会社を興してから5~6年で東証マザーズに上場)の代表取締役の出雲充氏でした。講演の概要は、

ユーグレナはミドリムシの学名で、学生時代にバングラデシュのグラミン銀行でアルバイトをした経験から、世界の貧困層の人々に足りないのは炭水化物ではなく栄養バランスなのだ!と知り、10億人に栄養バランスのとれた食を届けるため植物と動物の栄養素を持つ「ミドリムシ」が最適であることを探りあてたこと。そこからはミドリムシ一筋。ミドリムシの食品や医療分野への展開、バイオ燃料からジェット燃料の開発まで手掛けていること。など

熱く語ってくださいました。

この話の中で、起業することとまちづくりってとても似ている部分がありました。というか、ほとんどが似ていることに気がつきました。フィールドが違うだけなのですね。

よそ者、若者、バカ者。この3者がいることがまちづくりの条件といわれています。起業もそうだったのです。(たいへん失礼ではありますが)寝ても覚めてもミドリムシのことを考えて行動しているバカ者の代表取締役。この傍らには、協働する若者兼バカ者のお二人の仲間。この2者のたゆまぬ努力。そこによそ者である大手商社のサポート。これらが出会ったとき、代表取締役の熱い想い、「ミドリムシで世界を救う」道がぱぁっと開けたのです。

まちづくりの物語とシンクロしていました。

そして、もうひとつ大切なことに気づきました。出雲氏の熱い想いは、世界を救う!という高次元にあったのです。これがたゆまぬ努力を続けることができた原動力なのだと確信しました。この点もまちづくりと起業、企業も同じでした。たぶん、物事を継続していくためには「自分のため」ではなく「他人のため」という次元の目標なり目的が必要なのです。だからバカ者といわれてしまうのでしょう。その熱い想いがまちや社会、世界を変えていくのです。

熱い方のお話を聞くと、こちらまで熱くなってきます。私も設立当初の気持ちを持ち続けていこうと再確認しました。

 

 

 

HUG(避難所運営ゲーム)のその後1

2014-02-19 | ブログ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年は「HUG(避難所運営ゲーム)で多様性センスを磨く!」というワークショップを地域の方々を中心にして行いました。

その締めくくりで、FAJ(日本ファシリテーション協会)中部支部の定例会でも行いました。そのときの参加者はファシリテーションを学んでいる小学校の先生や企業で働く方々でした。

予想以上の反応で「会社の社員教育に活用できるかも」「小学校の教師が体育館のカギを開け、一番初めに避難所の設営をしなくてはいけないが、どうすればいいのかわからなかった。他の先生にも伝えたい。」などの感想をいただきました。

 FAJ中部支部では、2月に次年度の定例会の予定を組みます。先日の定例会で、たまたま、HUGに参加してくださった方お二人と同じグループになりました。他の方にHUGをお勧めしてくださり・・・

 次年度、そのお二人とともにHUGで定例会を担当することになりました。

企業研修や小学校の教師の方向けなど、さまざまな場面で活用できる知恵を集める事ができそうです。

(株)ユナイトの臨床心理士、成田さんと始めたアレンジしたHUGですが、いろいろな分野の視点を入れ込みながら、いろいろな方々を巻き込みながら広がりを見せていきそうです。

今年の課題は、「広がり」「つながり」かもしれません。

今後のHUGの広がりにご期待くださいませ。

 

ちなみに、参加した小学校の先生の一番の感動は・・・

体育館にまず道路をつくること、だったそうです。HUGを始める前に体育館内の壁沿い、6分割するように大きな幹線道路をつくります。これは、都市計画と同じで、各家から他の家の敷地を踏まずに道路へ出られるようにします。そのあとで、必要であれば細かく道を作っていきます。すると避難所もすっきりとして、他のご家族に迷惑がかからないようにできます。避難所として受け入れると同時にしておきたいことです。避難者が避難所に入り始めてからでは、一旦落ち着いたのの場所を移動してもらわなくてはいけなくなってしまいますよね。

ここに、小学校の先生は大感動されたようです。そして、避難所の運営について、なにも知らなかったことを改めて自覚したと。

名古屋市さんの「避難所運営マニュアル」に記載されていたことなのですが(^^)。

 

こうなってくると、小学校の先生方にも体験していただきたくなってきます。

小学校の先生、地域の方々、小学生も一緒になって体験すると、みなさんの知恵が結集していくのだろうと思います。そして、地域の活動になかなか参加できない働く世代の方々にも参加していただきたいなと思っています。そのためには、企業でHUGをするのが一番確実です。来年度(といっても今年ですね)の定例会の影響が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

小学生とレゴ・ブロックのワークショップをしました

2014-02-03 | ニュースレター

ニュースレター第31号

「小学生とレゴ・ブロックのワークショップをしました」

こちらからご覧になれます。

 

 

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370