ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

『何とかならない時代の幸福論』

2021-04-13 | ブログ

『子どもたちの階級闘争』を読んで以来、興味をもって拝読しているブレイディみかこさんの対談本を書店で見つけ、どんなことが書かれているのか?楽しみに購入してきました。

(https://www.amazon.co.jp/子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から-ブレイディ-みかこ/dp/4622086034/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=子どもたちの階級闘争&qid=1618278558&sr=8-1)

ブレイディさんは、若い頃に単身で渡英し、現地の方と結婚。
『子どもたちの階級闘争』では、教会が運営している保育園に保育士として勤めていた頃の様子が書かれていました。
政権の考え方によって、こんなに保育(しいては国の教育方針に違いが生まれるのか!と
思った記憶があります)
ご本では、最下層の子どもたちが通う保育園と表現されていました。
 

『何とかならない時代の幸福論』では、鴻上尚史さんとの対談が収められています。
第1部では、NHKの番組で対談した内容、第2部ではこの本のために対談した内容が書かれています。

(https://www.amazon.co.jp/何とかならない時代の幸福論-鴻上-尚史/dp/4022517417/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=子どもたちの階級闘争&qid=1618278558&sr=8-5)

共感する箇所はたくさんありましたが、中でも印象に残ったことを一つご紹介します。

 

シンパシーとエンパシー

シンパシー(sympathy)とエンパシー(empathy)は違うのだということでした。
p56
シンパシーは「もっと感情的に同情したり、同じような意見を持つ人に共鳴したりすることで、SNSなら『いいね』ボタンを押すようなこと」
エンパシーは「対象に制限はなく、自分と同じ意見を持っていない人でも同情できない人でも対象になりえるもの。この人の立場だったら自分はどう感じるだろうと想像してみる能力-アビリティ」
とありました。

アビリティ(ability)…
能力と言われると、よく目にするスキル(skill)との違いが気になりました。
調べてみると…

スキル:ある事柄をなすのに必要とされる特殊な技能・技術、特殊能力(「卓越」「熟練」などの特別なニュアンスが含まれている)
アビリティー:身体・精神的な実際の能力を表す一般的な語、能力(最も一般的な「能力」をあらわす
(http://mijitan.com/skill-abilityより)
ということでした。

ご本p56に戻ると「アビリティだったら伸ばせるし、伸びる」「エンパシーという能力を磨いていくことが多様性には大事」という言葉があります。エンパシー=アビリティということで、「人の立場に立って考える能力は誰でも伸ばせるということに希望がある」という記述に納得できました。

想像するイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

世間と社会

このご本の底に流れている大きなキーワードの一つに「世間と社会」があります。

簡単にまとめると
世間:知っている人とのコミュニティ(相手の立場に立てるし、優しく親切になれる)
社会:世間の周りの人たち(自分には全く関係のない無視しても構わない存在)
と書かれています。

日本人は優しいのか?冷たいのか?は、その人にとって世間の中にいるのか社会の中の人なのかによって、対応が異なるということになります。
自分が知っている人がいる「世間」に属する人に対しては優しく、世間の境界線の外にいる人に対しては冷たい(無視しても良い存在)。
世間が狭いと、自分が関心を持つ人の範囲が狭くなり、ほんの少人数の自分の周りにいる人だけに優しくなります。

この状態が進んでいくと、自分の周り、自分と生活レベルの似ている人たちは世間。それ以外の人は社会の人となり、社会に属する人の立場に立って考えることはしなくてよいことになっていきます。(自分とは関係ない世界にいる人なので)
自分とは環境が異なる生活をしている人のことを自分に置き換えて考えることはしなくてもOK。
多様な人が生きている社会には無関心でOK。となっていきます。

民主主義の基本が、異なる立場の人を思いやり、みんなの幸せを実現することにあるとすると、その前提が崩れてしまいます。

人間関係の境界線の引き方。悪意のない親切の対処法【苦手な人とうまく付き合う“境界線”の引き方 第1回】|ウーマンエキサイト(1/2)

みんなの幸せのために

ここから考えていくと、
自分だけが幸せであれば、他の人はどうでも良い。
しかし、全員がそう考えていると、いつか自分の幸せも崩れてしまう時が来ます。
病気にかからない、勤めている会社は倒産しない・・・自分は失敗しないという保証はないのですから、もしかしたら、自分が関係ないと思っている「社会」の一人になることもありうるのですよね。
そのときにどうするか?を考えてみると、
無関心でいることは自分自身を危険にさらしていることにもなるのかもしれません。
エンパシーを伸ばすことは、自分の身を助けることにもなるのでしょう。
社会の中で困っている人を想像することがはじめの一歩ではないか?と思うのです。

小鳥のイラスト(無料イラスト)フリー素材

エンパシーは、民主主義や社会主義という考え方を超えて、一人ひとりが幸せに生きるために必要なのだ!と納得できました。
 

 


 

 

 

 

下呂温泉の噴泉池の利用が簡単に!

2021-03-25 | ブログ

先日、緊急事態宣言が解除されてすぐに下呂温泉に行ってきました。
(いろいろなお祝い事をしたくてもできなかったので、まとめて一度に!)
愛知県からさっと行ってさっと帰れる、そして温泉!ということで、久しぶりに下呂温泉に。(
https://www.city.gero.lg.jp/kankou/node_7779/node_29737/node_29747/node_32234)

こんなことを考える人たちもやっぱり、ある程度いて…
特に卒業旅行だろうなぁという若者をたくさん見かけました。
きっと、コロナ禍でなければ海外に行ったりしていたんだろうなぁ。そう考えると、日本国内で旅行してくれれば日本経済のためにはプラスかも?

 

噴泉池の楽しみ

さて、今回、問題意識を持ってでかけたのは、下呂温泉名物の「噴泉池」でした。
飛騨川の河原に源泉が湧き出ていて、そこが無料の温泉で、誰でも24時間いつでも入れる!
温泉に浸かりながら、川面と同じ視線で360度の眺めを楽しむ!
というとっても素敵なスポットです。

20年ほど前に、友人と4人で出かけ(女性は水着の着用OKなので)、水着に着替えて入った!ことがあります。
女性一人では中々勇気が持てず、体験できなかったので、念願の噴泉池体験でした。

その後、下呂に行くたびに噴泉池を眺め、「よしよし。今日もみんなに楽しまれているね」と勝手に喜んでいました。

2007年秋に行ったときの噴泉池のようすです。

災害を超えて

昨年2020年7月に豪雨があり、噴泉池のある飛騨川も被害を受けたとのことを耳にしていたので、現在の様子を確認しよう!という気持ちもありました。(噴泉池、大好きなんだなぁと自分でも呆れつつ)

遠くからみていると、人がいるようなのですがお洋服を着ていて…(あれ?水着の人がいない 💦 きっと、見ているだけなだけなんだよね~)

近づくと…
なんと!足湯に変わっていました(泣)

リニューアルした噴泉池では、多くの若者が足湯を楽しんでいました。
温泉に浸かるよりも、ハードルが低く、たくさんの人に楽しんでもらえるのだということが分かりました。

噴泉池の今。若者が足湯を楽しんでいます。

ということで足湯に変更作戦は、大成功なのかも!と思いました。

 

SNSが賑わいを創るを実感!

さらに!
下呂のまちを歩いてみると、スウィーツのお店が増えていて、若者がたくさんいました。
インスタ映えするスウィーツで賑わいを取り戻せるんだということを実感しました。

合掌村の近くにある「とちのみせんべい」直売所でも、とちのみモンブランが若者に人気。
下呂のバターを使ったスウィーツ屋さんとか…

まちのあちこちで若者が並ぶお店が見かけられました。

若者の情報収集力におどろきつつ、
「わかもの、よそもの、ばかもの」がまちづくりの要という言葉を実感してきました。

 

とっても素敵な建物や玄関の旅館が閉まっているのを目にして寂しかったのですが、新しい息吹も感じられて、春が近いことを感じた旅でした。


 

 

イベントが成功するには、みんなが力を出し合うこと。

2021-03-17 | ブログ

整備中の公園で市民協働で行う社会実験を行いました。

市民ワークショップから発生した社会実験の試みです。

昨年の12月から話し合いがは始まりました。
そして、月に1回の話し合いから頻度が上がっていき…
3月12日、13日の2日間イベントを行いました。

話し合いが進むにつれて話し合いに参加する市民も徐々に増えていきました。
参加した市民のみなさんの巻き込み力も素晴らしかった!

その話し合いの進行をお手伝いさせていただきました。

イベントは…

公園の一角に花壇をつくり、そこに種を撒いたり花を植えたりするというものです。
先行して大学の研究室が関わってくださった市民農園があり、そこを利用している保育園も参加してくれました。

せっかく参加してくれる子どもたちが楽しんで種を撒くには?
コロナ対応はどうする?
花を植えるデザインは?

などなど、いろいろなことを話し合いました。


イベントだけでなく、花や種に必須の水遣りもみんなで考えるという素晴らしいみなさんです!
自分ごととして捉え、積極的に〇曜日なら水遣りにいけるよ。土日のどちらかならいけるよ。など、面倒なことも積極的に引き受けてくださっています。

みんなで植えたお花です。3種類の花を自分でデザインして植えました。

企画のプロセスは…

全部で13回の話し合いが行われました。
時節柄、リアルで参加できる方、オンラインで参加される方とハイブリッドで行いました。

少しずつ、オンラインの方も増えたので、ファシリテーターだけがオンラインということがなくなり、心強く進めることができました。
やっぱりオンライン参加は複数でないと!

話し合いのプロセスは、5段階となりました。

1.始めは、目的は何か?どんな規模の社会実験をするのか?について話し合いました。
(この時期の話し合いは前に進まず、ぐるぐる迷走状態だったような気がします)

2.次は、新しいメンバーが加わって、リーダーが決まり、日程ややることが決まっていきました。
(リーダーと研究室が支えあって企画書を作成してくれたことが大きく進んだ要因だと思います)

3.こうしたらもっと楽しんでもらえるのでは?こんなことできるよとアイデアや、自分のできることを持ち寄って楽しい企画が加わっていきました。
(ぐんぐんコトが進む時期なのだと思いました)

4.そして、イベントの日にちが近づいてくると、ラストスパート!
きめなく決めなくてはいけないこと、当日のシミュレーションなど事務的な内容を詰めていきました。
(チームとしてまとまっていくという実感が持てる時期でした)

5.当日!
みんなが自主的に参加者が楽しんでくれるように行動をしていました。
(もう、立派にチーム!でした)

最も検索された】 チーム ワーク イラスト - イラスト素材・ベクター・クリップアート - Yukiko

成功のポイントは…

ファシリテーターは
はじめは、本当にできるのか?とちょっと不安もありましたが、ファシリテーターが疑いを持ってはいけない!ですよね。
無事にイベントが成功した(完了!)というイメージと覚悟を持って進めました。

チームメンバーは
みなさんが前向きに「やる!」ことを前提に参加してくださったこと。

ご自分のできること(ノウハウや物品、コネクションなど)を積極的に出してくださったこと
公園管理の企業さんが積極的に関与してくださったこと
大学生、大学院生、そして、研究室の先生が推進力になってくださったこと

そして、なにより、みなさんが楽しんで参加してくださったことが大きいと思います。

さらに、
中間で支援してくださる組織の方が、参加される方々への連絡やハイブリッドの場の設定など、細かなところまで支えてくださいました。
ありがとうございました。

市役所の方も、場を貸してくださったり、使用許可など行政の手続きをしてくださいました。

市民と企業・社会福祉法人、行政、中間支援組織などが本当の意味で協働をしたなぁと思います。

協働イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

規模は小さいイベントでしたが、内容は本当に大きな意義を持った社会実験となりました。
企画側で参加してくださった
みなさま、参加者として参加してくださったみなさまのお力です!
感謝しております。

本当にありがとうございました。
ファシリテーターとしても、とても楽しい社会実験でした。


この頃、このパターンでやればよい!というお題は減って、手探りで進めていくということが増えてきました。
参加している方々と一緒に手探りで進むと、チームビルディングにもなり、決定事項には納得感がありました。
協働をすすめていく時代が来た!と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

行動を起こすと何かが変わる!

2021-02-28 | ブログ

Actions  are more important than words という言葉があります。これを実感しています。

公園 イラスト フリー素材 – HTFYL

公園を市民が運営していくことを目指して、ルールや運営づくりに反映させていこうと社会実験を行うことになりました。
まだ、企画の途中ですが…
だんだんと煮詰まってきて、関わっている方々の雰囲気がとても前向きになってきました。(ノッてきた!というか、みなさんの本領発揮!を感じます)

そして、チームビルディングができてきたという実感があります。

無料イラスト かわいいフリー素材集: 花の種を植える人のイラスト(男の子)

すると、先日行った本筋のワークショップもコロナ禍の下ですが、積極的に集まってくださり、とても短時間なのに、濃密な話し合いの内容となりました。
(もちろん、社会実験のミーティングもワークショップもオンラインとリアルのハイブリッド!新しい経験や工夫を重ねさせていただきます。)

ビデオ会議のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

何か目標をもって、力を合わせて、コトを企画・実施していく!というのは、その場のもつ空気が変わる!ものだなぁと実感しました。

もともと公園に対する想いを持っているみなさんでしたが、社会実験をすることで公園をもっと愛してくれる人を増やしたい、活用してもらいたい。そのためには、どんなことを、誰に働きかけるとよいのか?をより具体的に考えることができました。

公園を中心にしてまちづくりをする、コミュニティをつくっていく、というのは、こういう具体的なことがあると大きな一歩が進みやすいのですね!
社会実験って、そんな意味もあるんだと体感することができました。

そのレポートは後日。お楽しみに。

集音マイク | 商用可の無料(フリー)のアイコン素材をダウンロードできるサイト『icon rainbow』

*おまけ
オンラインとリアルの会議のハイブリッド。イメージ的には参加者がオンライン、ファシリテーターはリアルの場で!なのですが(というか、そのほうが進めやすい)
社会実験のミーティングでは、ファシリテーターがオンライン、リアル参加のほうが多いという…
当初は、結構たいへんでした。

「もう一度、言ってください」「聞こえませんでした」などと言っていたのですが、

集音マイクを使って聞こえやすくしたり
集音マイクには旗を立てて、こちらを向いて話してねをアピールしたり

オンライン参加者を増やしたり…

と、いろいろと工夫しています。

だんだんと双方とも慣れてきて、ハイブリッド会議でもストレスが減ってきました。

ファシリテーターとしても新しく楽しい経験をさせていただいています。

 

 

 

『スマホ脳』気をつけなくては!

2021-02-14 | ブログ

スウェーデンの精神科医 アンデシュ・ハンセン著(久山葉子 訳)の『スマホ脳』を読みました。

(https://www.amazon.co.jp/スマホ脳-新潮新書-アンデシュ・ハンセン/dp/4106108828/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=スマホ脳&qid=1613291798&sr=8-1)
帯に、「スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか?」と書かれておりまして…
とっても気になって入手したのですが、目の前にしばらく置いてあり、なかなか手に取れなかった本でした。

なにが、躊躇させたのでしょうか?

帯には、スマホの影響がずらっと列挙されていて、スマホ漬けになっている私の状況を否定されるのでは?
だとしたら、どうしたらいい?と困惑してしまうのでは?
スマホを忘れて外出すると、不安になってしまう今(テレワークが進んでいる状況では、外出の機会も減ってはいますが…)

「イラスト無料 スマホを忘れる」の画像検索結果

さてさて、いかがなりますことか?と。

 

簡単な内容は

・技術の進化、特にICTの技術の進化の速度に人間の脳がついていっていないことが、現在のさまざまな悩みや精神的な病の遠因なのだということが書かれています。

 例えば、うつ病が増えているのは?
狩猟で日々の糧を得ていた頃の名残がまだまだ身体に残っているそうで…

「イラスト無料 うつと脳」の画像検索結果

当時、ストレスを感じるのは身を守る手段。
周りには危険がいっぱいなので、脳が感情を使って、危険なことろへ出ていかないようにするというのがストレスと呼ばれるとのこと。
逃げるは〇〇…。でも役に立つですね!逃げてしまえば、とりあえずOK!
でも、その危険信号は強いけれど短期的なもの。

ところが、現代では強くはないけれど、ずっと長期にわたって危険がある。というのが特徴らしい。
人間の脳は長期のストレス用にまだ進化していないので、ストレスにさらされる状態が続き…
本能として逃げ続けることに…

こうやって、危険回避の行動が人類が生き抜いてきた知恵になるのだと。

なので、うつになるのはその人のせいではなく、脳が進化したとおりに動いていることが原因。
となると記されています。

「イラスト無料 進化」の画像検索結果

して、本題。スマホと脳の関係は?

脳はご褒美が大好き。
ご褒美として快楽物質であるドーパミンが分泌されて、うれしくなります。
麻薬を体内に入れるとドーパミンが分泌されるときいたことがあります。
ボランティアをしても勉強をしても、分泌されるとか…
ボランティアや勉強はまず、やることをやるという前提がないとなかなか得られませんが…

スマホと関係するのは…
facebookや tweeterなどで「いいね」がついたり、投稿があったとの通知がくると、「どんな投稿?」と気になってついつい手に取ってみてしまう…
この「いいね」や「通知」によって脳にドーパミンが分泌されるので、快楽を求めて見てしまう。

というループになってしまうそうです。

すると、スマホが気になって何かに集中するということができなくなっていく…

「イラスト無料 快楽物質ドーパミン」の画像検索結果

ふりかえってみると

お仕事中も(主に電話はスマホ)電話応対のためにスマホが隣においてあると、プッシュ通知が鳴ると「何なに?」と気になってしまう。
すると集中していたことをいったん止めて、スマホを見てしまう…
集中が途切れて、もう一度、続きに向かって進めるのに時間を要することがよくあります。

この頃、本を読むのになかなか集中できないなぁと感じていたのは、
私だけではだけではなかった…
仲間がたくさんいるようで、ちょっと安心しました。

と言っている場合ではないのですね!

そして、成長過程の子どもたちには、たいへんな影響が出てしまうそうです。
大人はまだスマホのない時代に学業をしてきたので、集中するというベースはできています(よね?)
子どもはこれから、体験して獲得していく過程にあるのに、いきなり気が散ってしまう環境に放り込まれてしまうという、とっても大変なことになっているのだそうです。

ただ、生まれたときからスマホがあれば、付き合い方も分かって大丈夫でしょう?
という見方があります。

これについても、著者は否定しています。
人間の脳の進化のスピードが追い付いていない!ので。

だから「スティーブ・ジョブズは、わが子にiPadを触らせなかった」のですね。

 

大人であっても、集中力が減退していると感じるのであれば、スマホは隣の部屋に置いたりして、デジタルデトックスを心掛けることも大切なのだと思いました。

スマホで目覚まし→目覚まし時計に戻す
スマホで時間を確認する→時計を見る

など、スマホに頼っていた機能を元に戻すことも対策だと記載してありました。

「イラスト無料 運動する」の画像検索結果

そして、何より、体を動かすことに大きな効果があるとのことです。
1日20分くらいで良く、ウォーキング程度でOK!(それ以上やっても効果は変わらないとのこと)

かる~く身体を動かすことを決意しました!

*生活環境を見直す視点の一つだと思いました。


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370