ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

ブログ・お知らせ
2016年 12月

住民懇談会のまとめがホームページに掲載されました

2016-12-24 | お知らせ

愛知県東浦町で、住民懇談会を6地区で行われ、ファシリテーターを務めました。

テーマは「地域福祉」ではありましたが、自治の機運を醸成するという目的もありました。

 

住民のみなさんのご意見をいただきつつ、自治の概念と照らし合わせてみると、すでに地域の中で「自分たちで課題を抽出し解決策を考え、行動する」という自治の基本はできあがっているように感じました。

あとは、この営みを町内で共有し、行政と協働してより活動を充実させていく、ということが課題のようにみえました。

前向きな町民のみなさんと町長さんのやり取りや、行政の方々のサポート体制が創られていく過程が興味深い懇談会でした。

ご覧いただけますと幸いです。

 

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/kocho/kondankai/1479085578030.html

 

 

中高生のまちあるき(自治のはじめの一歩)

2016-12-24 | お知らせ

8月に行いました、愛知県東浦町の「NEXT東浦」のまとめが東浦町のホームページに掲載されています。

お時間あるときに、ぜひ、ご覧ください。

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/jiti/next_higashiura/1474440152885.html

 

昨年、東浦町の中高生に集まってもらい、「自治」について考える集いを開催しました。

自治を始めるには、まずは、「自分のまちを知ること、地域アイデンティティを醸成していくこと」から始めようというところから。

今年は、自分たちで企画してまちあるきをし、スマホアプリで発信する!ということをしてみました。

 

参加した中高生は、自分の住んでいる周辺は知っているけれど、同じ自治体内に住んでいても、学区が異なれば情報が極端に少ないのですね。

ということで、他の学区に住んでいる中高生と情報交換して、実際に訪れてみました。

その様子をスマホアプリで発信、町のホームページに掲載。

 

まちあるきや、他校の生徒との交流も楽しそうに取り組んでくれました。

この経験をいつの日か思い出して、東浦町へ帰ってきてくれるといいなと期待しつつ…

自分たちで決めたことを実際にやってみる、自治の精神につながっていくといいな。

 

 

女性が輝くと男性も、社会も輝く!提案発表会

2016-12-24 | ブログ

平成27年度、地方創生総合戦略で、美濃加茂市では女性の活躍に絞ってプランを作成しました。

Caminho(カミーノ:ポルトガル語で「道」)と名付けられています。

( ステキな冊子調になっています。 http://www.city.minokamo.gifu.jp/temp/hp/108/20160222171002/Caminho1.pdf)

このCaminhoには、5つの道があります。

①自分らしく生きられる

②家族をつくれる

③お母さんになれる

④子どもの笑顔を守れる

⑤ふるさとを好きになれる

です。このプランの平成29年度の事業実施にむけて、平成28年度は、それぞれのプランを具体化させるために、5回のワークショップを行いました。

img_9850

 

img_0399

そして、ワークショップから出てきた7つの事業。

その発表会を行いました。

限られた予算の中でしたが、工夫がたくさん。このお花をはじめとする会場の花は、職員の方の交渉と工夫で会場が楽しくなりました。

限られた予算の中でしたが、工夫がたくさん。このお花をはじめとする会場の花は、職員の方の交渉と工夫でした。文字どおり花を添えていただきました。

(チラシです→ http://www.city.minokamo.gifu.jp/temp/hp/122/20161206162033/Caminhoプロジェクト発表会チラシ.pdf)

発表会で発表した7つのプランは…

①Caminho Study Room 女性が学び、余暇を過ごすだけではなく、趣味の講座を開き、インターネットで販売したりして実績を積み重ねて、起業。というコースまであります。

②カミーノ カフェ カフェ的な空間で女性が一人でも、子どもを連れても気軽に過ごせる場をつくります。そして、その場が広がっていくと、いろいろな出会いがあり、つながりができ、家族もできてしまうという、ご縁がつながっていく場です。

③移動式カミーノフェス このワークショップでは一度、お試しのプロジェクトとしてカミーノフェスを行いました。アクセサリーづくりの講座や収納術の講座、カフェ、英語で遊ぼう、パパの育児教室などなど、3回のワークショップで出たアイディアを形にしたイベントでした。これが好評でしたので、もう少し続けてやってみよう!となりました。

④Minokamo Family Project  パパも子育てに参加(ではなく)、主体的にかかわれるようにパパとママの講座や、パパのつながりをつくってイクメンのまちにしよう!というものです。

⑤働きたいをかなえよう!きらきら かもジョ プロジェクト 出産、子育てで一旦、退職したママが、もう一度働くためのサポートです。子育て支援センターにハローワークがあったり、気軽にキャリアデザインを相談できたり、就活の託児があったりと働きたいけれど不安があるママを応援します。

⑥病後児保育 子育てしながら働くママには、とても切実な課題です。これをなんとか活用しやすいものにしようというものです。

⑦Chance for Children 英語で託児から発展して、もっとグローバルな感覚を子どもたちに身に着けてほしいという願いからできました。カミーノフェスなどのイベントに託児を準備して、希望する子どもに英語で遊ぶプログラムを提供するというものです。

 

ゲストの4方からは、とても前向きで、提案にプラスする要素も入れたコメントをいただきました。

 

 

5回をふりかえってみると

4回目のワークショップでカミーノフェスを実行しました。

第3回までのワークショップで、どんなことを美濃加茂市で実現したいのか、どのように暮らしていたいのかを考え、お試しプロジェクトとしてトライしました。

第3回と第4回の間には1か月もありませんでした。

そんな時間がない中なのに、メンバーのみなさんは、分担して講師の手配や準備などをしてくださり、やり遂げてしまいました。

参加していらっしゃったみなさんのお力を目の当たりにして、感心するとともに、提案するアイディアは実行される!と確信したのです。

第5回では、カミーノフェスのふりかえりと提案に向けて、絞り込みやまとめを行いました。

そして、迎えた発表会だったのです。

ゲストをはじめ、市長も参加してくださって、とてもあったかい雰囲気の中、ステキな提案ができました。

img_0304

もちろん、発表するだけでは終われません!

提案の実現にむけて、今後関係するであろう各部署の方もお招きして、発表についての対話を行いました。

直接、提案者と関係する部署、そしてトップの方々とともに掘り下げていくのは、とても貴重で充実した時間でした。

ご参加くださった方々からも、好評をいただくことができ、安心するとともにさらに実現への期待が高まりました。

 

子育て中のママやこれから結婚・出産していくお若い女性のみなさんが集まって、毎回、楽しそうに対話しながら創り上げてきた提案内容。

その創造の場に居られたことは、充実感とともに、とても誇りに思っています。

img_9491

ファシリテーターとして

ファシリテーターとしては、参加したみなさんのお力によるところが大きかったものの、心がけたことがあります。

参加した方々がどのように暮らしたいかを楽しく、まじめに語り、つながって、実行していけるようになるためには、どうしたらいいのか?ということでした。

ワークショップでは、ワールドカフェを応用して、メンバーチェンジを必ず行いました。

テーブルにある課題やアイディアに新しいメンバーがアイディアを書き加えていく。そして、戻ってきたときに、そこにあるアイディアをさらにブラッシュアップしていきました。

最初と最後は、必ず全員でチェックインとチェックアウトも行いました。

みなさん、メンバーチェンジを繰り返したためか、どのプロジェクトの内容も把握していらっしゃって、カミーノフェスでも、発表会でも、「どれを担当してもいいよ」という状態でした。

ワークショップに参加してくださるみなさんの一体感を感じていました。

対話すること。ワールドカフェのメンバーチェンジをしながら進めること。これらの効果を実感しました。

 

これからも

発表して終わり!ではありません。

事業化にむけては、ここからが本番です。

カミーノのメンバーとともに事業化に向けて、進んで参りたいと思っています。

どうぞ、今後を応援してください。

 

 

 

 

 

美濃加茂まちあるき(中山道太田宿)

2016-12-10 | ブログ

この頃、お仕事のご縁をいただいている美濃加茂市さん。

まちあるきはしておかないと!ということで、お天気の良い日に歩いてみました。

トリビアなお話がたくさん聞けました。

img_0119

 

その1

美濃加茂市は中山道の太田宿があったところです。

お城はありません。

幕府の直轄地だったそうです。それでお城がないのですね。

 

その2

美濃太田駅の北側に公園があります。

ここには世界地図が描かれていました。(火野正平さんが「心旅」で2度も訪れたそうです)

img_0094

 

その3

太田宿は皇女和宮が江戸へ下る際にお泊りになったとか。

中山道は姫街道と呼ばれているそうです。

姫街道は本街道(東海道)に比べて、難所、厳しい関所があって面倒な時に別ルートとしてあったそうです。

本街道に比べて人通りが少なく、犯罪に巻き込まれる可能性が少ないため、女性が選んで通ったということでもあるようです。

治安が良かったのですね!

今は御祭夏の陣、秋の陣と2回のお祭りがありますが、秋の陣ではお姫様の行列があるそうです。

http://minokamo-kanko.jp/html/onsai_aki.html

この姫行列には6人のお姫様が輿に乗られるそうですが、もちろん、和宮さまもいらっしゃるようです。

 

言い出せばきりがないほど、いろいろなことを教えていただきました。

img_0113

そして、豊かな流れの木曽川。

交通の要所で、人も船も行き来した商業で栄えた街だったようです。

 

中山道会館では、とってもお値打ちなお昼をいただきました。

地元のはちや豚の生姜焼き定食。地元の野菜も地元産でとてもリーズナブルで、美味しゅうございました。

img_0164

(なんと750円!)

地元の女性が料理してくださっています。

今度は、違うメニューをいただかなくては!

「寿々女」という名のとんかつ屋さんにもはちや豚のとんかつがあります。こちらも挑戦したいのです。(なんでも、お塩でいただくのだとか)

観光には食も欠かせませんもの。

 

この会館の敷地内にりっぱなシンボルツリー「宿木」がありました。

見ごろはもう少し後とのことでしたが、こんなに茂っているのは珍しいのでは?と思いました。

img_0163

 

img_0159

 

日本ライン下りというのが数年前までありました。美濃加茂から犬山まで木曽川を船でくだります。

一大観光だったようで、昭和の頃、名古屋からの観光客もたくさん来て、楽しんでいたようです。

この「日本ライン」と名づけたのが明治時代の地理学者「志賀重昂」でした。この地を訪れたとき、ドイツのライン川の景色に似ているということで命名したそうです。

実は、志賀重昂氏は岡崎市に生まれた方だったのです。私は岡崎で生まれ育ちましたので、このお話はよく聞いていました。

親しみを感じつつ、木曽川を眺めたのでした。

もう少し、じっくりと歩いてみようと思いました。

 

日本ライン下り5

ライン下りの様子です。http://nk.xtone.jp/archives/japan-line-down.htmlより

 

 

 

 

 

 

「地方創生推進ワークショップ」

2016-12-05 | ニュースレター

ニュースレター第64号「地方創生推進ワークショップ」です。

 

昨年度、自治体が策定した地方創生総合戦略プランを早くて今年度から予算化、執行されています。

今年度、アクションプランを策定して、来年度予算化するという自治体や広域圏もあります。

岐阜県の中濃地方にある加茂地域と(日本の3名泉のひとつの温泉をもつ)下呂市では、来年度からの事業化のため、地域のためになるのは何かをワークショップで考えています。

ワークショップの議論は熱く、実行するという覚悟のようなものが伝わってきます。

ファシリテーターができることは本当に微力ですが、みなさんの力を集めてコトを起こしていくのだと言い聞かせながら、その場にいます。

このような場に居られることは光栄で、感謝しています。

nl64

 

ご一読いただければ幸いです。

 

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370