ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

ブログ・お知らせ
2019年 11月

商店街OPEN始まりました。

2019-11-21 | ブログ

名古屋市さんの事業で「商店街OPEN」があります。

この事業は、商店街の空き店舗を地元の人やおセミを出すことに興味がある人、ワークショップ参加を希望する人などが集まって、空き店舗にどんなお店がふさわしいのかをワークショップとワーキンググループで考え、

そして!

本当にお店をオープンするという事業です。

今年で2年目。2つの商店街が名乗りを上げました。

https://www.spacia.co.jp/nagoya/shotengaiopen2019/

 

昨年度はと言いますと…

3つの商店街で3店舗。今年度早々にオープンしています。

・名古屋文化を発信する喫茶店(といえば、モーニングですね!)一日中、もーにんぐを楽しめる「喫茶モーニング」

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23070570/

・毎日シェフが替わる(シェアキッチン)「かさでらのまち食堂」

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23070793

・おしゃれな複合店舗になりました。設計事務所やシェアキッチン、焼き菓子のお店とカフェ「ニシヤマナガヤ」

https://mrs.living.jp/nagoya/town_news/article/3652735

 

進め方は…

セミナーやダイナゴヤ大学によるツアー等を行い、参加者を募る

ワークショップ(アイデア ステージ)2回

  どんな店舗がここにあると良いかを考えます。

作業部会(5回程度?)+ワークショップ(スタディ ステージ)2回

  事業計画まで作成します。

  もちろん、店舗を実際に営む人も見つけます!

リノベーションを行い、オープンへ

 

この中のワークショップのファシリテーターをさせていただいております。

 

このワークショップでは、アドバイザーがたくさん寄り添ってくれます。

名古屋の円頓寺商店街の再生の仕掛人たち「ナゴノダナバンク」の3人。

昨年の商店街オープンでお店を開いた建築士さん2人。

事業計画等の分野で中小企業診断士さん1人。

という豪華メンバーです。

http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000120883.html

この方々のお話を聞いているだけでも熱量を感じ、お部屋の温度が上がってくるような気がします。

 

第1回が終わりました

今年は、堀田本町商店街と、柴田商店街の2件。

既に2件とも第1回のワークショップが終わりました。

まちあるきとワールドカフェで進行しました。

「商店街の特徴」「こんな機能があったらいいな」についてアイデアを出しました。

二つの商店街には、それぞれ特徴があり、こんなに異なる機能が求められているのかと感心するほど特徴的なアイデアが出てきました。

20人の参加者のみなさんと商店街を歩きました。

堀田商店街のまちあるきの後、商店街振興組合の理事長さんとおススメのうどんや「うるぎ」さんで。早い!美味しい!安い!のお昼を頂きました。

これから、第2回目をむかえます。

ステキなアイデアをどのように進化させるのか!楽しみですが、プレッシャーもかかります。

チームワークで乗り切りたいと思います!

どうか、温かく見守ってくださいませ。

地方の議員さんにワールドカフェ!

2019-11-12 | ブログ

先日、「自治体議会政策学会」に行ってきました。

主に地方の議員様方が勉強していらっしゃる学会です。

https://www.copa-web.net

 

私のタイトルは「多様な市民との合意形成―政策形成に必要なファシリテーション」でした。

政策形成をしていくために、市民の意見を引き出す!という位置付けで、ワールドカフェのお話をさせていただきました。

もちろん、お話だけでは理解しづらいのがファシリテーション。

さらに、難しいのが「ワールドカフェ」です。

100分というお時間をいただいて、レクチャーと体験をご提案してきました。

 

内容は

簡単にファシリテーションの概要と活用の事例をご紹介しました。

ワークショップや政策形成の方法が変化してきたことをお伝えし、

その後、議会が行う「議会報告会」でワールドカフェが活用されている自治体の例、議員さん個人でも行う「市政報告会」での活用の事例もご紹介しました。

そして、ハーベストまで行いました。

対話だけでなく、ハーベストまで体験していただけるとワールドカフェの良さをご理解いただけるのではないかと思い、時間をやりくりして行いました。

 

参加者の感想は

ワーク終了後、参加した議員さん方からは、

・こういう報告会のやり方があるんだね。いいやり方だね。

・こういうやり方だと、いろいろな意見がだしてもらえるね。

・一度、やってみたいと思ったよ。

など、とてもうれしいお声をいただきました。

極めつけは…

朝5時家を出て、ここへ来たのだけれど、(午後からは眠くなるはずなのに)寝る暇がなく、対話できたよ。

というお言葉でした。

確かに、朝5時から移動して座学というのは、キツイです。ご高齢の方でしたので、もっとだろうなぁと思いました。

ワーク中、拝見していましたが、しっかりと対話していらっしゃるのが印象的でした。

 

これも対話の力!ですね。

 

私の感想も

ファシリテーション、ワールドカフェという言葉を知っている、体験したことがあるという方が2/3以上いらっしゃいました。

さすが!です。

多分、ご自分の自治体の中で行われているワークショップなどにご参加されていらっしゃるのだと思います。フラットに市民の中に入ってワークをしていらっしゃる姿が浮かびます。

 

もう一つ、実は、こんなに熱心に聞いてくださるとは思っていなかったのです。

予想以上に熱心に聞いて、ワークもしてくださって、

学ぼう!自分の自治体のためにこうしたらいいのでは?ととても前向きに臨んでくださったことに驚きました。

(申し訳ありません。少し、甘く考えておりました。)

 

こういう議員さんがたくさんいらっしゃることは、とてもうれしいし、心強いと思いました。

「イラスト無料 地方議員」の画像検索結果

 

もう一つの講義では

「RESAS(リーサス)を使いこなして政策立案-地域活性化に向けて」というタイトルで、内閣府の担当の方がリーサスの目的や使い方など、ていねいに講義してくださいました。

「イラスト無料 リーサス」の画像検索結果

こんな窓があって、こんな風に使えるんだ!ということが分かりました。

よく、客観的なデータに基づいて考えようと言われます。こんなところに(しかも、無料!)でデータがあったのです。

いろいろと組み合わせてみると、そこから見えてくることがありそうです。

(やりだすと興味深くて、はまってしまいそうです。)

 

平成29年度に、岐阜県の下呂市から美濃加茂市までの7つの市町村でRESASのワークショップのファシリテーターをしました。

その時はRESASのデータをグループで分析し、この地方の特色と役割を考察しました。

その後、数回にわたってのワークショップを行い、いくつかの施策を出しました。

なんと!現在、そのときに出たものが実現しつつあります。

ワークショップに参加する方々も実行に移していく方々もデータに基づいた分析なので安心できます。また、参加者間でじっくりと話し合った内容なので納得と自信が持てます。

そして、本気で取り組めるのだと思いました。

 

議会報告会や市政報告会などの場で、議員さんと市民をつなぐワールドカフェ。

これから広がっていくと、住みやすい地域になっていくだろうなぁと想像して。


 

ニュースレター第98号「倉敷市真備地区を視察しました」

2019-11-03 | ニュースレター

昨年の7月、水害で甚大な被害にあわれた「倉敷市真備地区」に行ってきました。
被害の大きさと自然の力に呆然としつつ…

復旧だけではなく、復興させたいというアツイ想いを持って行動しようとしていらっしゃる地元の若い事業者さんのお話も伺ってきました。

復興するためには、地元愛をも人たちの力を合わせることが大切なのだと思いました。

ニュースレター第98号「倉敷市真備地区を視察しました」ご覧ください。

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370