ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

ブログ・お知らせ
2020年 7月

『ファクトフルネス』データを見るのは大切でした

2020-07-24 | ブログ

今、『ファクトフルネス』を読んでいます。

(https://www.amazon.co.jp/FACTFULNESS-ファクトフルネス-10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣-ハンス・ロスリング/dp/4822289605/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=ファクトフルネス&qid=1595556933&sr=8-1)

 

先日のFAJ(日本ファシリテーション協会)中部支部定例会で取り上げた話題です。

(https://www.faj.or.jp/base/chubu/event/20200718red/)

研究者の方からの話題提供・解説とワークがとても楽しく、データを読むこと、データにあたることは必要だと思いました。

運営をお手伝いしたので、本を注文!なんと、ワークが始まる直前に『ファクトフルネス』が届きました。(読むしかない!ですね)

 

内容を少しだけ

『ファクトフルネス』サブタイトルは「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」です。

10の思い込みとは…​(目次をご紹介しますね)

① 分断本能「世界は分断されている」という思い込み

② ネガティブ本能「世界はどんどん悪くなっている」という思い込み

③ 直線本能「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み

④ 恐怖本能 危険でないことを恐ろしいと考えてしまう思い込み

⑤ 過大視本能「目の前の数字が一番重要だ」という思い込み

⑥ パターン化本能「ひとつの例がすべてに当てはまる」という思い込み

⑦ 宿命本能「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み

⑧ 単純化本能「世界は一つの切り口で理解できる」という思い込み

⑨ 犯人捜し本能「誰かを責めれば物事は解決する」という思い込み

⑩ 焦り本能「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

これらの思い込みが、ものごとの認識を間違えてしまう。

(思い込みと本能の関係は、本能は思い込みからきている。ほおっておけばその本能のままにデータを見ることになる。思い込んでデータをみれば、「ほら、やっぱり」とさらに思い込む…となり、正確な世界が見えなくなってしまう。ということのようです。)

 

データを見る視点を変えて見れば、簡単に思い込みは覆るはずなのですが…

その見せ方や比較の仕方などで思い込みはさらに強くなってしまうこともありそうです。

著者が世界各国でデータに基づいて(比較の対象を広げるなどして)講演しても、納得してくれない(思い込みが外れない)人はいるそうです。

正確な現状把握ができなくなってしまうので、対処もピントがずれてしまう…

著者は医師でグローバルヘルスの教授、教育者でもあります。

想像するに、世界に生きる人々が健康に暮らすためには、提案する方法のピントがずれてしまっていては効果がでないので正確に現状を把握する必要があったのですね。

世界を正確に知らないと大きなビジネスチャンスを失ってしまうこともあるのだとか!

山の頂上にいる人 | 無料の写真

 

定例会では

定例会では3つの本能を認識するワークと解説があり、最後に思い込みを覆して合意できるか?に挑戦しました。

解説の中の一つに、ある事例を取り上げてその主人公がもっている思い込み(本能)を分析してくれたものがありました。

一つの短い言葉の中に隠れていた本能は5つ!(こんなにたくさんの本能が絡み合っていたのですね)

これらの思い込みが他を寄せつけず、分断を生む原因になってしまい、こんな時ほど人とのわかりあえなさを考えがちになるとのことでした。

(わかりあえなさを自ら作り出し、分断を生み出し、孤独に陥っていく…。分析してくれたことで、考え方が整理できたような気がします。きっとこういう方に出会ってしまったときには、落ち着いて対処できるようになれる!と自分に期待。)

 

せっかく定例会に参加して、本も読んだので、思い込みにとらわれないようにしなくては!

本の中で取り上げられたことについては、認識が変わった(ような)気がするのですが、

取り上げられていない、自分を取り巻いているもっと近い、近隣の社会では、果たしてその思い込みを取り除けるのか?が心配です。

ついつい、思い込みで判断してしまいそうな気がするので、習慣化できるといいなぁと思いました。

まずは、自分でチェックすることを習慣にしたいです。

この10の本能(思い込み)を手帳にメモしたので、常に見る!ことを心がけようと思います。

 

できそうなことは…

10の本能を知り、その視点でいろいろな現象を見ると、データの印象に惑わされずに「ちょっと待って」と一呼吸おくことができるようになるので、分断を生まないように判断したり、より現実に沿った対処をしたりすることができそうです。

たくさんあると、実行できなくなりそうなので、とりあえず、この3つを心がけてみようと思いました。

・その現象がどのような中で起こっているのかを見る手がかりを見つけること(全体像の範囲を広げること)

・そして、何かと比較してみると、いくつかの本能に惑わされずに冷静な判断をすること

・判断するのは2択ではない!と他の選択肢があることを忘れないこと(4つくらいに分けてみると新しい視点が生まれ、より詳細に現状を知ることができる)

 2択は思考停止を導きやすいとのことでしたので、選択の範囲を広げるのが大切なのだなと思いました。

イラスト4択】後輩や部下に対する意識をチェック | MIRRORZ(ミラーズ ...

データをみるときだけでなく、人との接し方も冷静に分析してみると、いままでと異なる結果がでてくるかもしれません。

人間関係で傷つくことが減っていきそうです。

 

そして、ファシリテーターとしては、

データの見方が変わることはより広い視野をもって現実を見ることができます。→課題の認識が変化しそう。→問いかけの質にも影響しそう。→導き出される成果にも影響しそう!

どんな問いかけになるのか?どんな成果になっていくのか?楽しみです。

データを正確に読めるファシリテーターを目指します!

 

 

 

 

 

 

 

 

「こどもたちをよろしく」の対話会に参加しました

2020-07-14 | ブログ

映画「こどもたちをよろしく」というのがあります。(現在、全国の映画館を巡回中)

http://kodomoyoroshiku.com

この映画の紹介文を読むと…

なんともやるせないのです。

性的虐待やいじめなどの問題をあつかっていて、見る前からつらいのです。

で、なかなか観に行けませんでした…(まだ、行く勇気がでません)

ジャンプする子供たち イラスト素材 [ 5960993 ] - フォトライブラリー ...

でも、対話会があると知り、おそるおそる参加しました。

映画を観ていないから大丈夫かな?と心配しつつ…

参加した後では、「よし!勇気を出して行ってみよう!」と思えました。

大人として、こどもたちの現状を知らなくては!

 

■この会のプログラム

この対話会のおおよその流れは、企画をした寺脇研さん、前川喜平さんの対談(司会は上井さん)と参加者の対話を2セッションでした。

対話のセッションは4人ずつ。

初めての方と、なんと懐かしい方ともご一緒できました。

同じ対談を聴いたからなのか、近い目的を共有しているからなのか、20分の時間は盛り上がり、足りないくらいでした。

グループでは、保護者や教員、校長先生という立場からのそれぞれの感想や話題が出ましたが、子どもを愛しんで育てようという気持ちが伝わってきて、とても温かい場になりました。

もちろん、対話も自分のことを言うだけでなく、ちゃんとかみ合っていて、その場にいるだけで気持ちの良い場となりました。

地方の議員さんにワールドカフェ! | ブログ | ブログ・お知らせ ...

■ファシリテーターで雰囲気が異なる

グループでご一緒した方々ももちろんですが、ファシリテーターのマインドがこんな温かい場にするんだなぁと思いました。

リアルというか対面というか…ではファシリテーターの包容力や在り方がその場を創ると思えるくらい、雰囲気を左右します。

たとえ同じ問いかけの言葉を投げかけたとしても、本当に異なります。

オンラインでもそこは変わらないのだなぁと思いました。

 

そして、ファシリテーターの在り方を感じるのは、自分が参加者としてその場にいるときです。

スタッフとしているときは、自分のすることに集中しているので、少し難しいです。

そして、さらに難しいのは、自分がファシリテーターとして立っているときに、どんな雰囲気を出しているのかを知ることです。

(知ることはできませんね。自分がファシリテーターをしているのを参加者として見るなんて…)

その場にいる方にフィードバックしていただくしかないです。

的確なフィードバックしてくださる方が近くにいることは、本当にありがたいことなのですね。感謝です。

ハート 暖かい気持ち 心の健康 - No: 1951859|写真素材なら「写真AC ...

■対話会の内容が心に残りました

・自分で考え、行動できる子どもに!

対談の中で、寺脇さんがゆとり教育は自分で物事を考えて、判断し、行動できる子どもを育てるためだったとお聞きしました。

確かに、部活や塾に行っていると自分の時間はなかなか取れません。というか心の中にぽっかりとした部分がないと物事をじっくり考えるということは難しいですよね。

原稿のネタ探しや書き方を考えるとき、研究をどんな風に進めていこうかと考えるときなども、ゆっくりとお湯に浸かったり、ぼーっとしたりする時間を持ったりする中で浮かんできます。

子どもたちにも必要な時間なのですね。

お風呂のイラスト「アヒルのおもちゃ」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

・どんな社会を子どもたちに残すのか?

もう一つ、自分で考えることができる子になるために!と考えたきっかけが「阪神淡路大震災」だったということです。

東日本大震災、豪雨災害、コロナ禍…たくさんの災害のたびに人間は、自分たちの在り方をふりかえり、大人は子どもたちに何を残していけばいいのだろうかと考えるのだなぁと思いました。

大人として、子どもにどんな社会を残していけるのか。

これは、まちづくりにもとっても大切なキーワードです。ワークショップのはじめにこのことを考えると、参加する大人も未来を考えます。子どもたちにどんな社会を残せるのか?をご自分の子どもや孫の顔を浮かべながら考えてくれます。

子どものパワーは、とっても大きいです。そこにいなくても大人の気持ちを前向きにしてしまいます。

その子どもたちが、その場にいてくれたらどんなに力強い大人へのメッセージになるでしょう!

 

■まちづくりにも!

子どもをはぐくむということは、家庭や学校だけではない。地域の力が必要だ!と言われます。

社会全体で子どもを、はぐくんでいくためのまちづくり!ですよね。

 

対話会に参加して、何のためにまちづくりのお手伝いをしているのかを再認識できた、とてもありがたい時間でした。

胸に手を当てる - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

 

 

オンラインセミナーのご案内

2020-07-02 | お知らせ

ニュースレターでもご案内しました、オンラインセミナー「自分軸第2弾 For Men」

こんなときだからこそ!理念を育てよう~レジリエントな経営(じぶん)のために~

を開催します。

 

じっくりと自分と向き合い、ゆったりとした人との対話の中で、忘れがちな「自分が大切にしている価値や信念」を思い出してみましょう!

COVID-19で世の中の価値観が変わってきました。

そんな中で、何を軸にしてお仕事をしていったら良いのでしょう?

本当にこれでいいのか?

など経営していたり、フリーランスでお仕事していたりすると、この考えが迫ってきますよね。

今、改めて言葉にしておきたいですね。

どうぞ、お気軽にお越しくださいませ。

日時:1回目 7月25日(土)10:00~12:00

   2回目 8月1日(土)10:00~12:00

   3回目 8月8日(土)10:00~12:00

  *3回全てにご参加ください。

定員:8名

受講料:15、000円のところ経営→10,000円(応援価格)

お申し込みは→https://jibunnjiku2.peatix.com/

 

 

pdf

ニュースレター第106号「オンラインでセミナー!」

2020-07-02 | ニュースレター

自粛解除となりましたね。

自粛期間には、オンラインでのワークショップに参加したり、企画したりしてきました。

これは、NPOの活動として行ってきたのですが…

この度、はじめて。㈱NCRDさんと一緒にオンラインでセミナーを企画して、実施いたしました。

オンラインでは、日本全国どこからでも、どこでもドアのように、パッと集まれるという素敵なことができます。

東京かから九州までの方が参加してくださいました。

 

テーマは「こんなときだからこそ!自分軸を育てておこう~自分らしく今日を生きるために~」

自分の大切にしている価値や思いを再認識しましょう!そして、それを言語化しましょう!というものです。

これがとっても大切なことだとだったんだ!と改めて考える機会にもなりました。

 

その後、参加した方から、ぜひ、経営者やフリーランスの方にもやってほしい、といううれしいお言葉をいただきました。

こちらも、ご案内します。(お知らせをご覧ください)

ニュースレターだ第106号「オンラインでセミナー!」

こちらからご覧くださいませ。

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370