ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

ブログ・お知らせ
2015年 3月

参加型シンポジウムでファシリテーター

2015-03-25 | ブログ

IMG_9881

 

先日、愛知県東浦町で、「自治基本条例を考えるシンポジウム」が開催されました。

このところ、なんとか会場に来てくださった方々が参加できるようなものにならないかな?と考えていましたところ、その希望をかなえる機会をいただきました。

普通であれば、基調講演とパネルディスカッションで終わるのがシンポジウムのスタイルです。

基調講演を 話題提供と町長との対談に置き換え

パネルディスカッションを 意見交換会(フィッシュボウル手法)に置き換え

という流れで、参加型のシンポジウムというよりも対話集会に近いものになりました。

このようなわがままを聞いてくださった、東浦町の町長さまはじめ、職員の方々に感謝いたします。

ざっとシンポジウムの概要をご紹介します。

 

シンポジウムの概要

(1)話題提供では、

①協働の事例として

私の関わっている「花の活動」をコトの始まりから、現在までの活動をかけ足でご紹介しました。たびたび、このブログでも取り上げています。

②自治ってなんだろう?

自治について考えてみると、「自分で考え、自分で決めて、行動すること」ではないかということを話題提供としてお話ししました。

自治については様々な見解がありますが、自己決定に基づく行動(ハンナ・アレントによるとactionと言う段階の働きかと考えています)が基礎にあると考えています。

③私はどんなまちに住みたいんだろう?

そのようなことをまず考え、考えたことを他の市民と共有してみることから自治が始まるのでは?と考え、最後にこの問いかけで終わりました。

 

IMG_9896

(2)町長との対談

ここでは、町長の考える自治について

町長の考える「住みよいまち」とは?

なぜ自治基本条例が必要なのか?

についてかみ砕いたお話をしていただきました。

詳細は、後日、ご案内しようと思います。

 

IMG_9946(3)意見交換会

参加したみなさんに「私の住みたいまちってこんなまち」というテーマで一言紙に書いてもらい、貼りだしていただきました。

そこから、はじめに気になったテーマを拾い、それを書いた方に前にでてきていただいて町長、市民の方3人、林で意見交換会を進めます。

そして、フィッシュボウルをはじめます。

話しをする5人+1の椅子を中心に何重もの円になって座ります。はじめは上記の5人が意見交換します。

椅子を一つ余分においておきます。この椅子は何か話したいと思った方が前にでてきて話すために用意してある椅子です。いつでもお話してくださいという想いをこめて。

一人が出てきたら、誰かが自分の席にもどり、常に椅子が一つ空席になっているという状態で意見交換会を進めます。

始めに高校生が3人プレゼンしてくれました。それに刺激されたようで、大人達は徐々に活発にフィッシュボウルを始めました。

誰も出てきてくれなかったら?とご心配をいていただいたのですが、逆に話し出すと止まらないという人も出ることなく、順番に人が入れ替わって進みました。

東浦町に住んでいる大学生が2人前に出てきて意見を言ってくださったり、東浦に引っ越してくる予定の妊婦さんが想いを語ってくださったりと(失礼なのですが)こちらの予想以上に盛り上がりました。

 

IMG_9981 ふりかえってみて

自治というのは、簡単なようで難しいものです。民族の自決と言い換えると急にきな臭くなってくるような気がします。

自分で考えるという自治の基礎となることを放棄している大人はたくさんいます。(そういえば、ハンナ・アレントは、思考停止は「悪の凡庸」と言っていました)

しかし、まだまだ捨てたものではありません。自分の言葉で語ることができる人はたくさんいました。

今回のシンポジウムでは地域社会に対して熱い想いをもった大人がいること、若い人も自分のまちの未来をちゃんと自分の言葉で公の場で語れること、そしてなによりも、この場に70人近く(動員かけずに!)の集ってくださる方がいらしたことがわかりました。

このような、意見交換会をもっとしたいなということと、意見交換だけではなく対話をしていきたいなと思いました。

 

神谷町長もブログに取り上げていらっしゃいました。

http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/03/post-ed9b.html

穏やかでフランクな、いろいろなことを吸収しようとしていらっしゃる謙虚な方でした。

尊敬する方の一人です。

多様な人が集まると意外な組み合わせができました

2015-03-12 | ブログ


IMG_9725

 

多様性が大切であるとか、多様な人がいろいろな背景や立場から意見を出し、そこから合意形成することがこれから必要になると言われています。

今までの活動の中で、今回はそれを身をもって体験できました。

いろいろな立場や活動をしている人が集まってアイディアを出し合うということが、意外なつながりや発展のきっかけになることを体感しました。これもフューチャーセンターの目指すところなのかもしれません。

 

未来茶輪(ミライカフェ)にて

昨年4月からリニューアルして始めた「未来茶輪(ミライカフェ)」。月に1回のペースで開催してきました。

名古屋都市センターさんのカフェコーナーをお借りしての1時間半。まちづくりだけでなく、いろいろな分野の方にお声かけをしてフューチャーセンターを目指して来たのですが、この場から実際の行動としての何かが生まれるということにはなっていませんでした。

運営のまずさや目的意識の共有がどこまでできているのかという反省はあるのですが…

(組み立て体操+バンドという話がもりあがったことはあったのですが、残念なのですが、その後の進捗は見えてきません。)

そこで、一度、未来茶輪として何かを実際にしてみよう!と2月3月で企画のアイディアを出し合いました。

行動を起こす場所は都市センターのある金山駅の南口広場。2月の会では、一瞬で終わるもの、線をつなげるもの、面として活用し普段の活動をPRするもののアイディアが出ました。もちろん参加者からのアイディアです。趣旨説明とアイディア出しで終わりました。

私は、一瞬で終わるもののテーブルを担当しました。その趣旨に賛同してくださった方とフラッシュモブのようなことを連続してやってみようとなりました。南口の広場にいる人達を巻き込むことができるか?という観点からも検討しました。

そこで出たのが・・・

 エアカンパイ→大じゃんけん大会→シェイクアウト

でした。

3月は、2月のアイディアが描かれている模造紙をそれぞれ3つのテーブルに置き、10分ずつ各テーブルを巡ってアイディアを付け足していくということをしました。

3つのフラッシュモブ的なことをするにあたって、懸念されることやより盛り上がりそうなことを話し合いました。全員が各テーブルでの話し合いに参加して、イメージを膨らませていきました。

IMG_9715

 

意外な組み合わせが生まれました

1年の〆ということもあったのでしょうか?本当に1年ぶりに参加してくださった方がいらっしゃいました。

若い青年で、夜回り先生のようなことをNPOとして行っていらっしゃる方でした。その方が、私のテーブルに来たときに、ご自分の活動の中で頑張っている高校生にスポットを当ててあげたいということを話していらっしゃいました。

そこで、この企画に企画段階からその高校生達にも関わってもらおう!となりました。

イベントで大学生や高校生に参加してもらうと、残念なことなのですが、無料の労働力のように扱われたりすることがあります。企画から一緒にやっていくのは、対等のパートナーとして扱うという意思表示でもあるのです。

2月のアイディア出しのときには、高校生とできるなんてまったく考えていませんでした。広場にいる高校生が巻き込まれてくれないかな?程度でした。

ところが、その方の発言から、高校生と企画できることになったのです。

 

多様な参加者がいれば、思いがけない、意外な、そして嬉しい組み合わせが生まれることを実感しました。

今後、半年くらいかけて実現していきたいと思います。

ご声援くださいませ。

防災まちづくり 2(ニュースレター第43号)

2015-03-03 | ニュースレター

NL43

 

防災まちづくりワークショップ第2回を行いました。

まちには多様な人々が住み、暮らしています。

防災では、普段のまちづくりよりももっと多様な方がステークホルダーになりますので、できるだけ多様な方々が参加してくださると、より「防災」の趣旨に適う話し合いができます。

そんな試みをしたワークショップでした。

ニュースレター第43号、こちらからご覧ください。

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370