ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

『給食の歴史』給食、懐かしいですよね。

2019-04-14 | ブログ

『給食の歴史』藤原辰史、岩波新書、2018年を読みました。

(アマゾンより)

 

学校給食は、誰でも経験しています。あえて、その歴史?そんなこと考えたこともありませんでした。

私が小学校の時は自校式でしたので、2限目、3限目とだんだんいい香りが漂ってきて、4限目にはピークになり、給食の時間には温かい給食を美味しくいただいていました。中学校になると給食センターから運ばれてくるようになり、給食の時間までの気持ちの盛り上がりは激減したものの、センターから届くとあたりに広がる香りは楽しみでした。

 

今まで、給食はいつから始まったのか?などということは、全く気にならず、(公立)小学校・中学校にはあるものだと思っていました。

言われてみれば…。歴史はあるものですよね。

 

この著者は、農業史を研究していらっしゃる方でした。他にも興味深いご本をお書きになっていらして、今度読んでみたい!というものがたくさんありました。

例えば…

(アマゾンより)

(出版社のコメントを読んで、興味津々です)

 

 

給食の始まりは…

給食=学校給食だと思っていましたが、実は、「食事の時間を挟んで関係者が滞在する必要のある施設、例えば工場、病院、学校で、まとまった量の食を配分して集団で食べる事、またはその食べもののこと(p6)」だそうです。

そして給食のメニューは選べず、代金も一括払い。特徴は「強制」であり、選択の少なさだと定義されています。

(メニューを少ない中でも選べる社員食堂は給食ではないのですよね?)

日本の場合、工場給食は1873年に世界遺産にもなった「富岡製糸工場」、病院給食は1902年に聖路加病院から始まりました。

学校給食は、1889年、山形県鶴岡町(現在の鶴岡市)の忠愛小学校で始まったとされています。

学校給食が始まった理由は、「国家がスポンサーになり、読み書きそろばんを教えるのみならず、身体を鍛錬し、将来を担う労働者や兵士を合理的に創出する義務教育制度が普及して、これまで学校に通えなかった子弟が学校に通わなくてはならなくなる。しかし、貧困家庭には経費を支払う財力がない…(p12)」そして、子どもたちの栄養不足を補い、成長させるためだった、ということでした。

 

これは、世界の各地でも同様で、19世紀後半から始まり、特に第一次世界大戦後に子ども達の栄養状態が悪化する中で広がっていったとのことでした。

 

さらに、給食のシステムは災害時にも対応できるように設計されていました。戦中には空襲時における炊飯所への転用もできるとされ、給食が普及していったとのことです。

 

この後、学校給食の萌芽期(明治~戦中)、占領期、発展期、行革期と続いていきます。

様々なエピソードを持つ学校給食ですが、みんなが平等に同じ食べ物を、同じ空間で食べるという行為は民主主義を体感する行為ということができること、貧困家庭の子どもの食のセーフティネットになっていることなどは、栄養士、職員、保護者、教師(新聞記者も)など子どもに接する大人たちの努力で守られてきたものだったのです。

 

まだまだ必要な食のセーフティネット

SDGs2030(国連が2030年までに達成するべきとした17の目標)には、誰一人取り残さない!という決意のような目標があります。

日本でも平成22年の「国民生活基礎調査」で相対的貧困率は全体で16.0%、子どもで15.7%となっています。これはOECD加盟国30か国中27位という高い(よろしくない方)水準で、特に子どもがいつ現役世帯のうち大人が一人いる世帯(ひとり親家庭)の相対貧困率が加盟国中最も高くなっています。

(https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h24honpenhtml/html/honpen/b1_sho2_3.html)

の給食メニューには?

子ども食堂も各地で実施されていますが、給食は毎日、義務教育を受けていれば必ず提供される、大切な食のセーフティネットなのだと痛感しました。

 

今の給食メニューは?

もちろん、食を楽しむ、食で地元を知ることも必要です。今では地産地消で地元の産品を使ったメニューや地元の伝統食を反映させたメニューもあるそうです。

お仕事で、小学校、中学校で一日学校にいたときに、給食をいただいたことがあります。見た目は「これで足りるかな?」と思ったのですが、美味しくいただき、食べ終わるとお腹いっぱいになったことが印象的でした。ランチルームでいただいたこともありました。私の小学生のころとはずいぶん変わったなぁと時代の移り変わりを思ったことがありました。(ランチルームがあること自体、素敵です)

(http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000050791.html 名古屋市の給食に「うなぎまぶしときしめん汁」というメニューもあるそうです。食べてみたいです。)

印象的な文章がありました

この本の中で、納得したといいますか、そういうことだったのか…とスッキリしたことがあります。それは、「贈与と自発性との共存」という言葉でした。

ここに引用しますと、「モースの『贈与論』にあるように、贈与品には必ず『お返ししなくては』という思いを発生させる力が宿っている・『受け取ることには危険が伴うものである。物が与えられると、それだけで贈与者と受贈者との間に取り消しのきかない双方的な絆ができる。これは、物が食物の場合に特に顕著である』(p259)」というところです。

この2年、小学校6年生に租税教室をさせていただいています。最後に、感想を書いてもらうのですが「自分達のために税金が使われていると知って、給食は残さないように食べるようにする」「教科書を大切に使う」「学校で節電、節水を心掛ける」などの感想がたくさん出てきます。さらには、「大人になったらちゃんと働いて税金をしっかりと納めたい」「お返ししたい」というようなことまで書いてくれる子どもがいます。(こんな素敵な感想をほとんどの子が書いてくれます)

 

さらには、「大人になったら、ちゃんと働いて税金をしっかりと納めたい」「お返ししたい」というようなことまで書いてくれる子どもがいます。(私の感覚では1割くらいの子が書いてくれます)

大人だったら、「税金を払っているんだから当然」などの答えが返ってきそうなのですが、子どもたちは、感謝の言葉ばかりなのです。

なぜ、この子たちはこんな素敵な感想をもつのだろうか?と不思議でした。

この本のお陰で、やっと理解できました。子どもたちは素直に給食を贈与品と受け取ってくれて、取り消しのきかない絆を感じ、贈与品に宿っている「お返ししたい」という気持ちになってくれたのです。

給食だけでなく、義務教育も、税金の使途を決める国や自治体、納税者としての保護者、地域から子どもたちへの贈与として考えると、税金を払うこともいいなぁと思えました。

 

~租税教室のプログラム~

講座のはじめに、4択のクイズをします。

・給食費、みんなも払っているけれど、市も税金から払っています。さていくらでしょう?

・小学生一人当たりに、1年間で使われている税金はいくらでしょう?

・みんなが住んでいるこの市は一年間にいくら使っているでしょう?

この3問です。

ここから、税金の使い道を考えたり、ぞもぞも税金は何のためにあるのか?どのように使えばその目的を達成できるのか?ということを考えていきます。

最後に、感想を書いてもらいます。

給食かぁ。懐かしいなぁと思って読み始めましたが、読み進むうちに深い事情がたくさんあり、先輩方の勇気と努力で今の給食があることを知りました。

食べる事は、人間の大切な営み。大人は子どもに何をしてあげればいいのかということも考えさせられました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浦添市のワークショップの様子がホームページにアップされました。

2019-03-29 | お知らせ

先日、開催されました沖縄県浦添市の公園ワークショップ。

浦添市さんのホームページにアップされました。

ご高覧いただけますと、幸いです。


http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2019032900026/

地域の誇りを持ち、コミュニケーション力の高いみなさんとのワークショップ、楽しかったです。

 

まちに誇りをもつことは、伝えたいことですね。

2019-03-22 | ブログ

先日、沖縄県の浦添市に行ってきました。

なんと、お仕事で!

うれしくて、テンションが上がりっぱなしで、はしゃいでしまいました。ご縁に感謝しています。

浦添市の誇り、ルーツは

お仕事に先立って、浦添市内をご案内いただきました(これも、とてもありがたいです。市役所の人しかしらない情報を聞けたり、ガイドブックにはないディープなお話やツウの話が聞けます!)。

 

浦添(うらそえ)は、琉球王国発祥の地。ここで生まれた王様(初代 英祖王統)が浦添にお墓をつくりました。これが「浦添ようどれ」といい、現在の浦添公園になっています。

その後、明国との冊封体制がはじまり、交易で栄えました。

200年後、首里城へ遷都しました。奈良と京都のような関係なのでしょうか?

その後、約200年後、7代目尚寧王が浦添から首里城へ行き、王位を継ぎました。しかし、亡くなったときにはまた、浦添に帰っていらしたのだとか…。

奈良に少し似てるかも。(奈良の大学院に通った身としては、奈良大好きです)奈良でも平城京から京都の平安京へ遷都しましたが、都があったという誇りを感じます。それが、まちの風格であったり、誇りであったりするのですね。浦添市にも、風格を感じました。

「せんとくん」の画像検索結果

(これは、奈良のせんとくんでした)

 

その誇りを伝えていきたいというのは、どのまちでも共通なのですね。

誇りを公園にも漂わせることができる?子ども達に、新しく住む人たちに伝えていけると、まちの誇りが広がって、伝わって、歴史を積み重ねていけるのかもしれません。

今回は、そのお手伝いができる!と思い、さらにテンションが上がりました。

 

初めてのワークは

まずは、何を大切にしていきたいのだろう?を共有したいですよね。でも、その前に、まちの歴史は?そこを共有しなくては!ということで、過去から現在、未来へとつながっていくことを実感する「タイムライン」というワークをしました。

20年を遡って、「私・家族」「浦添、この地域」「沖縄・日本・世界」の出来事を書き込みます。

その書き込みをみて、未来へのトレンドを考えます。

このワークは、過去から現在、そして未来がつながっていくことを実感します。未来への思いも生まれてきます。(と私の経験ですが…)

さらに、自分の歴史が地元の歴史、日本や世界の歴史とつながっていることが見えてきます。「あぁ、この世界の中に生きているんだなぁ」と思います。(とこれも、私の経験ですが…)

(さすが!歴史あるまち。20年以上さかのぼりたい!というリクエストにお応えして。20年以上前のできごとも記入OKに!)

みなさんのコミュニケーション力の高さに助けられながら、無事に終了できました。

 

ワークショップ終了後は

沖縄在住のお友達とドライブ&おしゃべり。

御嶽(パワースポットですもんね)に行きパワーを身体に入れて、青い海と空で、さらにパワー充填。

南の植物に感動しながら、もずくてんぷらを頂きました。

沖縄生まれ彼女からは、沖縄の伝統を教えてもらいました、お土産であった沖縄の風習「サン」「ゲーン」について。(これも、住んでいる人だからわかることですね)

食べ物をお裾分けしたりするときに、器に「サン」を一ついれるのだとか…。大きい食べ物には「ゲーン」を。

厄除けのようなことらしいです。お弁当にも入れるとか。これが入っていれば食中毒にならないのかな?

「サン」を調べてみると、ススキの葉でできていて、これを結んで難を逃れたという昔話からきているらしいです。(https://www.city.okinawa.okinawa.jp/sp/about/1610/1620)

さらに、聞くだけでおいしい「もずくてんぷら」の作り方も教えてもらいました。忘れないうちに沖縄産もずくを探して、早速つくってみよう!

心にも身体にも、楽しく、住む人の誇りが伝わってくる行程でした。お付き合いしてくださった彼女に感謝。

(まちの至るところにハイビスカスが咲いています!愛知県では夏の花。ブーゲンビリアも咲いていました。温かさを実感します。)

 

 

 

 

A4コピー用紙の魅力、改めて。

2019-03-13 | ブログ

先日、名古屋都市センターさんで「付箋を使うだけがワークショップじゃない!?」というタイトルでセミナーをさせていただきました。

(決して、付箋紙を否定するものではありません。付箋紙には付箋紙の魅力があります。)

とりあえず、今回はA4コピー用紙で。

A4用紙はハーベストで

弊社はワールドカフェのハーベストの時に、A4のコピー用紙をよく使います。

そのことをお伝えしたくて、ちょっと刺激的なタイトルにしました。

ワールドカフェは、すでに何度か、このブログでもお伝えしています。

簡単にご紹介すると、メンバーチェンジしながら対話をする、最後にハーベストとして、参加者で思いなどを共有するというものです。

 

ワークショップというと?

まちづくりのワークショップというと、ついつい、付箋紙を使ってグルーピング。見出しを付けて誰かが発表。

という進行になってしまいます。

 

たとえば4つグループで話し合いをしていると、4つの案が独立しており、まとめるのは事務局側。

すると、まとめる作業のところは参加者からすると、ブラックボックス。

あれ、こんなはなしだったっけ?となることも…

「イラスト無料 疑問」の画像検索結果

そこで、ワークショップの終わりに一つにまとめる。まとまったね。という実感が持てないものか?と考えたのが、ワールドカフェで進める!という方法です。

ハーベストを大切にして、みんなで一つにまとめる、その場にいる、ということが納得につながるのでは?と思いまして。

 

ハーベストの方法、モンスタースティッキー ボード

さて、前置きが長くなりました。

そのワールドカフェのハーベストで、多用するのがA4コピー用紙を使うということについて。

「モンスター スティッキー ボード」と名付けられている方法でよく使います。

ワールドカフェで対話したあと、その延長上の問いに自分一人で考え、文字にします。それを書き留めるのがA4のコピー用紙です。

一つの意見、思いを1枚の紙に書く。

そして、壁に貼る。

全員で眺め、お互いにコメントする。

ということをします。ワールドカフェでも一体感がありますが、このハーベストをすると、さらに一体感が高まります。

(それだったら、大きな付箋紙でも良いのでは?と思いますよね)

「イラスト無料 紙を壁に貼る」の画像検索結果

A4用紙に書いてみた感想をいただきましたので、ここでご紹介します。

・付箋紙よりも大きな面積の紙に一件だけ書くのには「もったいない」という気持ちがある。

・逆に「贅沢!」でわくわくする。という感想もありました。

・A4サイズという面積を使って自由に書いていい!というのは、発想が湧いてきて、1枚書くとどんどん促進されていき、何枚も書きたくなってくる。

・大きいので、壁に貼った時に読みやすい。

・いろいろなマジックの色があり、カラフルで読んでいてあきない。

・そして、付箋紙よりも廉価。

などのコメントをいただきました。

とても、ありがたい。うれしいコメントです。

 

模造紙の上で付箋紙を使って整理することは、グループの中ではそのプロセスを共有しています。

グループ以外の人と共有するときには、説明の方法を少し練らないと、全体で共有したなぁと思いづらいかなと感じています。

「イラスト無料 発表」の画像検索結果

 

せっかく、同じ時間、同じ場所にいて、同じテーマで話し合っていたのですから、参加者全員で共有したなぁという気持ちになりたい。その方法をずっと考えています。

一度やってみると、関与しているという気持ちが高まったような気がして、ファシリテーターとして、とてもうれしい時間になりました。

こうなると、もっと活用したい!と思ってしまいます。

 

今後は、壁に貼ったものをどうしたら、もっと共有できるようになるのか?納得できる成果になるのか?壁に貼った後のワークを考えていきたいと思います。

 

まずは、A4コピー用紙を使った「モンスター スティッキー ボード」お試しくださいませ~

 

 

 

 

焼津に子どもと楽しめるスポットがありました。

2019-02-21 | ブログ

焼津市に行ってきました。

朝からいろいろなプチスポットを訪ねて、焼津市、島田市あたりをぐるぐると。

まずは、深層水ミュージアムへ

http://www.city.yaizu.lg.jp/shisetsu_annai/shinsousui-museum/

ウナギも展示してありました。

焼津市が面している駿河湾は、日本で一番深い場所から深層水が採れるそうです。地球上に存在する海水の95%が深層水だそうです。

陸:海が3:7、この7の内の95%が深層水?こんなに豊富な資源があったのですね!

そして、3つの海流が深く沈み込む駿河湾ならではの豊富さなのだそうです。

https://www.city.yaizu.lg.jp/g08-001/surugadsw.html

(逆を言えば、海洋プレートが…。静岡県の方の地震に対する危機感は高いと以前避難行動計画づくりをお手伝いしたときに痛感したことがあります。HUG:避難所運営ゲームも静岡県の危機管理部署が創られた背景も理解できました。)

深海のサメ(ラブカ)も展示されていました。

コンパクトな建物でしたが、深層水の情報と試飲もできます。そして、購入しに来る人用の施設もありました。

栄養豊富で無味無臭。でも美味しい水をいただきました。

以前、話題になった海洋深層水。そのまま提供されるのはもちろんのこと、食用の水として使われることも多いそうです。

 

次は、一番のオススメスポット。

「ディスカバリーパーク焼津天文科学館」です。

http://www.discoverypark.jpoverypark.jp

展示・体験室(http://www.disc/floormap/tenji/ より)

どんな施設なのだろう?とわくわくして出かけたのですが、意外にコンパクト。名古屋市の科学館(愛知県にいると、これが標準なのです)規模を想定していたので、肩透かしな感じでした。

ところが、とってもコンパクトなのに、1時間以上滞在する(時間の余裕があると一日いられそう)ことになりました。

もちろん、天文とあるので、プラネタリウムもあるのですが、一階のフロアでぐるぐると気が付くと1時間も経っていました。

クイズで勉強しながらぐるぐる回りました。

クイズもすごろく形式で、大きなサイコロを回して次へ。身体を使って回答するという問題もありました。

正解すると、とてもうれしい。子ども向け(な気がするだけかも)だから簡単!と思っていると案外難しい。他にも大人だけで参加して楽しんでいる人々がいました。

案内ボードを片手に、ゴール目指して楽しめました。写真も撮らずに集中して楽しめました。

クイズやすごろく形式にする、レイアウトや見せ方など、工夫がたくさん詰まった展示でした。スタッフの方々の天文科学館が好きで、たくさんの人に楽しんでほしい!という気持ちが伝わってきました。

愛知県蒲郡市にある竹島水族館の科学版のような気がしました。

 

そして、少し足を延ばして、島田市にある「蓬莱橋」へ

ギネスブックに載っているそうで、現存する木製の橋で一番長いらしいです。

(残念ながら、この日は工事中だったため、真ん中までしか行けませんでした。でも、とても長い距離です。開通が楽しみです。)

越すに越されぬ大井川にかかった木製の橋。明治の初めに勝海舟が政府を口説き落として架けたそうです。

島田のハードなまちづくりを勝海舟が行っているとき、人足が川の向こうからもやってきていて、その人たちのために架けたのが始まりだとか…。

東海道を往来する人々も助かったのでしょうね。

そんなことを思いながら、橋を歩きました。

明治時代の偉業と土木の大切さも感じました。

勝海舟像も新しく設置されました。

 

最後は、静岡の名物(?)

「さわやか」でハンバーガーをいただきました。

周りを見て、次回きたときはハンバーグだなと心に決めました。

美味しゅうございました。

 

 

 


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370