ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

ブログ・お知らせ
2020年 8月

オンライン+リアルのHUGにも挑戦しました

2020-08-25 | ブログ

先日、日本ファシリテーション協会の定例会でオンラインのHUG(避難所運営ゲーム)をしました。

HUGは、避難所に避難してきたひとたちがボランティアで運営していくシミュレーションのカードゲームです。

こういうご家族はここに座ってもらおう、こんな出来事にはこんな風に対応しようとグループで避難所を取り巻くさまざまなことを解決していきます。この時に、カードを避難者に見立てて配置していくのです。

HUGをすべてオンラインで行うには、先のブログでもご紹介しましたように、試行錯誤でしたがzoomとGoogle spreadsheetを使いました。

これは、PCで参加してもらったり、PCのスキルが必要だったりと、PCの扱いに慣れていないと操作に気持ちが行ってしまい、なかなか避難所運営にまで気持ちがいきません。

今回は、リアルなHUG(いつも使っているカードゲーム)を機材を使いながら、参加はリアルとオンラインのハイブリッドでやってみました。

機材は、リアルの場の声がオンラインの参加者に届くようにスピーカーフォンを使いました。

PCでメインの会場参加者を映し、タブレットをカメラ替わりにして行いました。

 

やってみると…

カードを読み上げるだけでなく、避難所となる小学校の見取り図や、各階の教室配置図などを何度も映して、読み上げることをしてくれました。

(読み上げるのは結構たいへんだったと思います。感謝です。)

なかなかスピーディな意思決定はできなかったものの、

みんなでじっくりと話し合いながらカードの配置やイベントをクリアしていけました。

 

最後に、参加した皆さんは、小さいお子さんをもっていらっしゃるので、

・いざというときにはこんな風にはいかないよね。

・子どもが一緒にいないときは、どうしようか?

などの心配事が出てきました。

・やっぱり、普段からのつながりがあると子どもを連れた避難でも少し安心。

・子どもたちだけで避難することになることもあるから、地震が起きたときはこうしよう!と考えておきたい。

など、普段の生活の中で少しずつ、やっておくことを見つけておこう!とまとまりました。

 

そして、できなかったカード、今度はもっとたくさんクリアしたい。

他にどんなカードがあるのか?

と防災に対する意識がぐっと高まったようです。

 

ハイブリッドで行うと時間通りとはいきませんが、気軽に参加できるということもあり、オンラインも捨てきれません、

いいろいろな方法で試してみることが大事なんだと思いました。

まずはやってみること!ですね。

ファシリテーターとしても、挑戦のしがいのある機会でした。

こんな素敵なチャンスをくださった、「守ろう こどもと赤ちゃん」の荒木さん。ありがとうございました。

 

SDGs2030を考える一日を過ごしました

2020-08-12 | ブログ

2~3年前に名古屋市北区の中学校でSDGs2030のゲームを創り、中学生と地域の方々とで行うイベントをしたことがあります。

そして、今日はそのゲームを小学生と大人でやってみました。

場所は、地元の商店街にある「みんなのおうち連尺」。​

ここは一時預かりの託児施設+ワークスペースです。

岡崎産のヒノキで内装が整えられ、家具はなんとカリモクさんのものです。(一部はカリモクさんのご寄付だとか)

目にも身体にも優しい空間で楽しいイベントをさせていただきました。

ゲームでは

小学校4年生にはちょっとSDGsの説明は難しかったようですが、さすがゲームの力。

ゲームになると楽しく参加してくれました。

結果は…写真のようになりました。

さすが!子どもたちです!

大人とこのゲームをするとどうしても経済・観光が多くなってしまうのですが、子どものポイントが多い結果となりました。

感想を聞くと、

・楽しかった。「まちメーター」全体のバランスがとれていい感じだと思う。

・目標のためにお金と時間の管理を考えるいい機会だと思った。

・SDGsは世界の森や水をきれいにすることかなと思っていた。

・やり続けていかないと「しあわせ」は難しい。いろいろな方面からいろいろなことをやっていくことが大切だと思った。

など、小学生とは思えないようなコメントがたくさん出ました。

 

お昼ごはんは

その後、地元のお米でおにぎりを作り、地元の野菜と味噌で作った味噌汁をいただきました。

この味噌汁はちゃんとお出汁をとったもので、身体にやさしく沁みてきました。

おにぎりは自分の分を自分で作り、大葉を屋上のお庭から採ってきたり、楽しい食事の時間でした。

「ポケモンのモンスターボール」のおにぎりを作って、くれました。

身体にやさしいものを多人数でいただく。地産地消というよりも、このことの大切さと楽しさを満喫できました。

これもSDGsを実行しているということなのですね。

 

夜のお勉強

夜は、1時間ほど朝日新聞社主催のオンラインセミナーを視聴しました。

「コロナ禍でSDGsは大丈夫?国谷裕子さんと考える」です。

4人のゲストとのシンポジウムのような進行でした。

 

内容は

コロナ禍でSDGsは確実に後退している。しかし、今まででも、着実に進展していたとは言えない。

コロナ禍というが、社会システムを変えるチャンスともいえる。

チャンスととらえてSDGsを戦略的に考え、実行していこう!

という感じでした。

 

この中で、一番衝撃的だったのが、

上田壮一氏(think the earth)が大人にSDGの達成はまだ可能かという質問をした際に、半数以上があきらめていたとのこと。それを見た高校生が、「大人があきらめたら、子どもたちはどうすればいいのか?」と言ったというエピソードです。

大人は次世代にこの社会を引き継いでいくために、あきらめずにゴールの達成にむけて努力し続けていかないといけない。と思いました。

心に残った言葉は、「build back better」より良く作り直すこと、「old normal(昔と同じ古い社会に戻ること)」ではなく「better normal(新しい社会)」をつくることが必要だという言葉が響きました。

そのために、いろいろな方面から取り組んでいらっしゃる方々なのだということも分かりました。

 

最後に、大切なのは個人個人が行った行動がSDGsの達成のために、どのように影響するかを見えるようにすることだというコメントがありました。

自分が行った行動がどんな結果になるのか、少しでもわかると励みになります。

一人一人の行動でも社会は変わっていくのだと改めて感じました。

 

ふりかえると

SDGsを考える一日になりました。

地元でできること(act local)

次世代の子どもたちと過ごす時間。しかも地産地消。

とても楽しく、今後、何をしていけばよいのかを考え、少しだけ体験しました。

広い視野で考えること(think global)

有識者、活動している方々の話を聞くこと。

広い視野で観ることで、自分の立ち位置が見えてきて、どんなことをしたら良いのかを考えることが(こちらも少しだけ)できました。

 

一日で集中して体験できたことは、深く考えるとても良い機会になりました。

これから、どんなことをしていこうか、ファシリテーターとしては?個人としては?とワクワクしてきました。

ニュースレター第107号「授業もオンラインでグループワーク」

2020-08-02 | ニュースレター

コロナ禍の中、ほとんどの大学でオンラインの授業となりました。​

新しいスキルも使いつつ、オンラインの授業を行いました。​いくつかのオンラインでのスキルが身に付きました。

そして!もちろん、授業にもグループワークは欠かせません。(ファシリテーターの性でしょうか?)

ずっと家でオンデマンド受講している学生にも新鮮だったようで、積極的にまじめに授業に臨んでくれました。

学生にも、講師にも双方向の時間は大切だと感じました。

ニュースレター第107号「授業もオンラインでグループワーク」ご覧くださいませ。

 

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370