ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

『檻の中のライオン』講演会に行きました

2024-02-26 | ブログ

1月21日に名古屋弁護士会主催の講演会に行ってきました。
『檻の中のライオン』を書かれた楾大樹弁護士の講演会。

ちらっと読んでいたこのご本の著者の話が聞ける!ととても楽しみに
(サインしてもらう!と思い、本も持って!)行きました。

会場は暖かかったものの1月。なのに、ご本人は半袖のTシャツ1枚。
寒くないのか?後から1枚着るのか?と要らぬ心配をしてしまいました。
ずっとTシャツ姿でしたが、公園が始まると、なるほど~寒くない理由がと分かるのでした。
(とっても軽快だけれど、スピーディ。しゃべりまくりな感じでしたので熱くなり、Tシャツ姿でなければ、持たないのだと納得)

受付でいただけるのは、なんと憲法99条全てが書かれたクリアファイル!
ご本の中に出てくるライオンのイラストも入って、ちょっと見る気になれるものでした。
(文字だけが並んでいると、見る気力が…。イマドキはデザインが大切と思いました)

ご講演では、何度もこのクリアファイルを開いて、条文を確認する場面がありました。
なので、便利便利。

そしてなんと!参加者の中に小学校5年生の子どもが~
きっと一緒にいらしたお母さまの影響なのでは?と思うのですが、
講演中は積極的に発言していて、頼もしい!未来はまだ明るい!と思わせてくれました。

講師の楾さんもついつい、その子に振ったりして(笑 気持ちは分かります)。

13人、勉強している人、テキストの画像のようです(楾さんのfacebookより)

檻の中のライオン?

このご本、ライオンの話でも、動物園の話でもなく…
クリアファイルに書かれている「憲法」の話です。

ライオンは権力者。檻は権力者の力を封じ込める憲法だったのです。
学生の時に、授業で先生が言ってたなぁと思い出しました(笑)
改めて確認!
憲法第99条にありました。
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」
憲法は、一人ひとりの力は弱い国民に向けたものではなく、権力を持った、法の執行、法を作る人たちに向けられたものでした。

権力は濫用されがちなので、檻を造って権力を入れておこう!というものなのですね!

何を守るのか?
それは、国民主権、基本的人権、平和主義
この3つの原則を守るのが憲法でした。
これらを守るよとライオンに言っているのでした。

先日から私の課題となっている「マイクロアグレッション」(FAJの定例会でやってみました)は、掘り下げて考えると、基本的人権を侵すものでした。
(人権侵害するのは、このときは国民の間ですが。守るように仕組みを整えるのがライオン)

今のテーマにはまっていることに、ちょっとうれしく、やっぱりねと思える時間でした。
いろいろなことが、憲法レベルで守ろう!と宣言されているというのは、心強いことでした。

最後の最後、どんな法律が該当するのか?分からない、判断ができないときは、憲法のどの条文に記載されているのか?はとても大切だよね、と思いました。

そして、それは「国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない(第12条)」とありました。
そうかぁ。誰かにお任せではいけないのね。
まずは、憲法を知ることからから!始まるのですね。

地球と人々とハートの木】の画像素材(70469083) | イラスト素材ならイメージナビ さん

そのためにも、このクリアファイル、使い易いです。
手軽に一覧できます。
あれ、それはどこにあるの?とササっと探すことができました。
(それを想定していらっしゃるのだろうと思います)

せっかくいただいたクリアファイル。
いろいろとふりかえってみるときに、隣においておくと、よりふりかえりが深まりそうです。

半袖Tシャツを着て考えてみようかなと思う、熱い講演会でした。

ファシリテータ―としては?

基本的人権の自覚はファシリテーターとしても大切。
マイクロアグレッションでも、話している最中に、今の発言は差別意識が根底にないだろうか?を考えて、介入しなければなりません。
とても、瞬発力が求められます。
瞬間に「これは、差別。この人はどこまで自覚して発言したのだろうか?非難にならないような指摘の仕方は?」など、考えなくてはなりません。
普段から、マイクロアグレッションなのか?この場合はどうなるのか?を気にして話し合いの場にいるようにしなくてはなりません。
まずは、「?」と思う発言を検討して(発言しなくても良いから)にも参加してもらって…

できれば、皆さんにも参加してもらって
個別の事例をか差寝ていくのがbetterではないかとおもっております。

 

 


 

 

ニュースレター第149号「不適切保育のチェックリストを作成しています」

2024-02-05 | ニュースレター

全国の自治体で作成することになった「不適切保育チェックリスト」
いろいろな自治体が作成しています。

このチェックリストを現場(保育士、主任、園長)参加で作成しています。
作成の段階から関わっていけば、よりリストへのコミットが高まるのでは?とも考えています。

保育士さん達が前向きになり、「よし、こんな風に子どもと楽しもう!」と思ってくれるようなリストができることを目標にしています。

ニュースレター第149号「不適切保育のチェックリストを作成しています」
以下、ご覧くださいませ。

pdf

「言語化する」は、大切なことでした

2024-02-05 | ブログ

先日、Youtubeを見ていたら、精神科医の樺沢紫苑という方の動画ができてきました。
タイトルは「言語化の魔力」https://www.youtube.com/watch?v=hMLnssh08Nk&t=1880s
『他者の靴を履く』で、言語化の必要性を感じていたので、見てみました。
『他者の靴を履く』では、刑務所にいる人たちには言語化することが苦手な人が多い、とのことでした。
自分の気持ちや考えをうまく言葉にできないで、もやもやしている状態が続いていると、そのもやもやが暴力的に発現してしまうのだと。

言語化するということは、人間の生活にとって、とても重要なことなのだと思いました。

そこで、精神科医のいう「言語化の魔力」とは、どんな力なのか?
とても興味を持って拝見しました。

言語化で悩みを解消する!?

樺沢先生によると…

悩みがあるという人が3/4
悩みがないという人が1/4

悩みがなかなか解消しない人3/4
悩みが比較的解決している人1/4

というアンケート結果があるそうです。
悩みがない人は、比較的解消してしまうから「ない」のでは?という仮説が立ちます。

悩み事イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

「悩み」は、ツライ、苦しい、逃げ出したいもの。
そして、対処法が分からない、停止・停滞感がある←これが辛い…

「悩み」を解決することは、原因を取り除くこと!と思うと、なかなか取り除けないことが多い。
他人が原因だったりすると、もうムリ!って思いますよね。
←だから、悩むのですよね。(ぐるぐると回っている感じで、出口が見つからないイメージですよね)

ところが!「悩み」の原因を取り除かなくても、悩みは解決できる!とのこと。
解決ではないかもしれないが、少しずつ解消していけば、いつの間にか気にならなくなっている!と。

その時に活躍するのが「言語化の力」で、無意識の思考(ストレス)を言語化して意識するとスッキリする効果がある。
悩みの原因は自分ではどうにもならないことがあるので、自分でコントロールできることに意識をずらすということも悩み解消の1つ
「それは、それとして」「今できることは?」など、自分でコントロール可能な、ポジティブな言葉にするのがコツ
自分でコントロールできることは、自己効用感がアップし、
なんとかなるさと思えると、楽観性が上がり、緊張感が下がり、仕事力がアップするというスパイラルも期待できるそうです。

きっと自分の中で、「それはそれとして」という時に、それって何?を言語化し、認識すること
その後で、「今できること」を言語化して行動に移す。
言語化することで、悩み解消のステップが見えてくるのかもしれません。
先が見えると、安心できますよね。

安心している女性のイラスト | 無料のフリー素材 イラストエイト

コミュニケーションの効用

さらに、「コミュニケーションは癒し」になるそうで、会話交流の際にオキシトシン(不安や心配を緩和しストレスを減らすと言われているホルモン)が分泌されるそうです。

会話には、言語化は必須。
その方法は、声でも手話でも。言語化することには変わりないですよね。

言語化の魔力、まだまだありそうです。

どうやって言語化するの?ということを聞かれたことがあります。
どう説明するんだろう?
次の課題にしようと思います。

ファシリテータ―は、コミュニケーションの場にいます。
いるというよりも、円滑に話し合いが進み、実のあるものになるかをデザインします。

そのとき、参加者が言語化するお手伝いをすることもあります。
言語化することをさらっと何気なく説明できると、話し合いの場がより円滑になる!と思いました。

まだまだ、学ぶことが多い!と思った動画でした。
 

 

 

小学生とマイクロアグレッションを考えました

2024-01-28 | ブログ

地元の放課後預かりで、マイクロアグレッションについて語り合いました。

マイクロアグレッションは、差別的な言葉が無意識のうちに出てしまうこと。
あまりにも、さらっとしているので、言われた方は「あれ?」と違和感を持つのですが
そう思う自分がおかしいんだなと流してしまうこと。
でも、心は傷ついていて、その傷がだんだん深くなっていく…
アンコンシャスバイアスは無意識の中の偏見と言われますが、マイクロアグレッションはそれが外に出たときの現象だと
今のところの解釈では、そう思っています。

話す 小学生イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

では、子どもたちとの対話をご覧ください。

参加者は1年生から4年生くらい。10人程度でした。
もちろん、いつもの見守ってくださっている先生とアルバイトの学生さんもいてくださいました。
とっても助かりました~

さて、お題は「み~んなが気持ち良くいられる言葉って、どんなことば?」です。
以前、こども哲学カフェで取り扱った、ジェンダーの視点から考えました。

問「み~んな」って誰のことかな?

←私たちのこと!
 ここにいる人たち!
 学校のみんな!
 世界中!
 宇宙全体!!

と話は大きく(笑)

次の問は「気持ちいい」ってどんなとき?

←すっきりしてる
人にやさしくできる
いいことをした
心がきれい
楽しいことがあった時
褒められたとき
などなどたくさん挙がりました。

じゃあ逆に「気分がよくないこと」はどんなとき?

←悪口
 暴力
 暴力を見たとき
 お母さんとお父さんがケンカしてるとき

男の子だから、とか女のくせにって言われたことある?
その時の気持ちは?

←男だから泣くな
 おんなのこ だけスカートはける
 男の子はメイクしないいんだ
 男の子は髪長くしちゃダメ?アクセサリーとかつけない
 女の人はたばこ吸わない

これって平等じゃない!
と子どもからの声が上がりました。

じゃあ、どう言えばいいのかなぁ?

←男だから「あんま」泣くな(笑)←「あんま」が入れば、ちょっといい。とのこと。
 無視する
 いやだ!って言って、やめてくれなかったら先生に言うよ!って言う
 そんなこと言っちゃだめだよと注意する
 気にしなければいい←でも、気になっちゃう
 逆のこと言われたらいいかも  
 などなど、いろんな意見をだしてくれました。

ふわふわ言葉とちくちく言葉イラスト - No: 23473667|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」 さん

この日は、「イヤだって思ったら言おう!」「そんなこと言われたくない」と言おう!
自分が言っちゃたら、聞いたら「自分が言われたらどんな気持ち?」を考えてみよう!

ということになりました。

子どもたちは、自分で解決策を探り当てたようです。
すごい能力!
ちゃんと、自己解決できるスキルとパワーを持っているのですね。
子どもとはいえ、侮れません(笑)

先生は、いろんな子が発言して、いろんな意見がでましたね!ととても喜んでくださいました。
第2弾も開催することに。

ファシリテーターイラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」
(ファシリテーターでイラストを検索したら、たくさん出てきました。イマドキは普通の言葉になっているんだなぁと思いました(笑))

ファシリテータ―としては、対話の場をホールドするスキルとマインドが試される場でもありました。
子どもたちがちゃんと話し合ってくれるかな?
ちょっと難しいかな?どういう問いかけをすると話せるかな?
などなど、いろいろと考えることができました。

なにより、子どもたちとの対話。とっても楽しかったです!
そして、子どもとは言え、ちゃんと意見を言う事ができ、解決策まで出す力をもっている!ということを学びました。

とってもありがたい、素敵な時間でした。
第2弾。さて、お題は何にしようかな?

 

 


 

ニュースレター第148号「未来茶輪が協働研修の舞台に」

2024-01-17 | ニュースレター

毎月、名古屋都市センターさんをお借りして開催している「未来茶輪(みらいかふぇ)」。

多様な市民の方が集まって、わいわいと対話するという場になっています。

この場を「協働研修の実践の場として使いたい」という、とってもうれしいオファーをいただきました。
受講生のみなさんの前向きな取り組みなどをお伝えします。

ニュースレター第148号「未来茶輪が協働研修の舞台に」以下をご覧ください。

pdf


 
更新情報
月別アーカイブ

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370