ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

『Learn Better』深い学びを得るには?

2019-01-13 | ブログ

今まで、「勉強する」方法を教えてもらったことって、ありますか?

「勉強の内容」について、「これは、こういういことですね。」というのは、学校でやってきました。

でも、どうすればその内容を学んだということになるか、そもそも学ぶってどういうこと?については教えてもらったことがありませんでした。(よね?)

(amazonより)

このアーリック・ボーザー著の『learn Better』は、学習困難を抱えていた著者が、学ぶとはどういうことなのか?について研究したものです。

深い学びってなんだろう?どんなことをいうのだろう?学ぶ方法ってあるの?

など、本を読むまで(読んでからも)期待がありました。

 

内容は

ざっというと以下のステップで「考える」ことをしていくのだそうです。

「学習とは、理解のプロセス、メソッド、体系」とのことという前提で、「学習の方法が判れば習得の度合いと効果は大きく上がる」とか。(もっと早く知っていれば…)

1.価値を見出す

  ・スキルを獲得するためにも、モチベーションの有無は大きい。それが原動力となる。

  ・専門知識に自分とのつながりができると、その「意味」を理解し始める。

 その「意味」は自分で発見するもので、その専門知識は自分にとってどんな意味があるのか?何に役立つのだろか?を勉強を始める前に、「考えてみる」「書き出す」ということをする。

2.目標を決める

  ・何を学習するか、学習するにはどのような計画を立てるべきか、目標を決める

 学習の入り口の段階では、プロセスをしっかり管理する必要がある。学習とは一種の知識の管理である面が強いので、目標設定、計画策定、前提となるスキルの習得、習得したい専門知識の絞り込みを行うということ。

*一番印象に残ったのは、「何も考えずに学習してはいけない」ということでした。

3.能力を伸ばす

  ・フィードバックの段階に入って、体系的にスキルに磨きをかける

 能力を伸ばすには的を絞ったフィードバックが必要で、そのためには専門家(教師)が必要になる。自分でも自分の評価をしなくてはならないが、それには自分のパフォーマンスを記録し、行動パターンを冷静にみることから始まる。「今ある知識を知り、何を変える必要があるかを知ること」も必要になる。 

4.発展させる

  ・知識の発展、専門の領域の拡大(理解を深化させる)

  ・質の向上

 学習をつながりあった何本もの道と考えて、知識のつながりを考える。そのためには「問いかけ」が重要で、その問いかけの答えを考える、説明する。

5.関係づける

  ・あるテーマの裏に隠れたつながりを理解する

  ・システム思考、推論を活用する

 効果的な学習を行うには、原因、類似点、相違点などを探す。専門知識の裏にあある特徴をつかむ一つの方法は、表面的な細部をさまざまに変えた例をいくつも目にすれば、その根底にある体系がはるかに分かりやすくなる。(でも、関係性をつかみにくい場合があることも忘れない)

6.再考する

  ・過信しない(謙虚であること、過去の実績にこだわらない)

  ・注意力が足りないことがある(判断を誤る前に、判断をしないことがある。思い込みやルーチンになっていて習慣となってしまう場合)

 学習の最後に、何を学んだのか、理解しづらかったことは何かなど、ふりかえりをする。また、表現媒体を変える(書く→声に出して読む)と問題が見つかりやすい。

 

となっています。ずいぶんカットしてしまいました…

もう一つ、すぐに忘れてしまうことありますよね。これは短期思考という脳の分野があり、ここはメモリーが極めて少ないのだそうです。(忘れてしまうのは、致し方ない!と心強くなりました)そこに、一番の効果があるのは、学習をした後、数週間してから復習すると長期記憶となり、忘れにくいのだそうです。

「イラスト無料 勉強する」の画像検索結果

「ふりかえり」大切でした

学習するとはどのようなことをすれば、よいのか?という、学校では教えてくれない勉強の仕方が書いてありました。

その中には、学習には計画を立てる事も必要であるとか、ふりかえりが必要であるということがありました。これは、ファシリテーション(というスキル)を学ぶにあたっても、大切なことなのではないかと思いました。

ファシリテーション協会(FAJ)の定例会などでは特に、「ふりかえり」を大切にしています。何を学んだのか?それはどのようなことだったのか?何に関連しているのか?など、今まで以上に学習を深めるふりかえりの仕方があるのだということに気が付きました。

ふりかえりをする場合でも、専門的なスキルや知識を背景にして、的確な段階に的確な言葉でのふりかえりをすることが、とても大切なのですね。

 

「フィードバック」も大切

なかなか辛口のフィードバックはしにくいし、なかなかもらえません。アイメッセージ(I=自分を主語にして、私はこう感じました。とか私だったらこうしてほしいな。などの表現で感じた事などを本人にプレゼントの気持ちでします)でなくてもいいので、的確なフィードバックがほしいと思いました。

FAJに入った頃、いくつかいただいたフィードバックがあります。本当に貴重で、10年以上経った今でも、覚えています。(それくらい、ドキッとしました)今思えば、言う方も勇気がいったと思います。お陰で、フィードバックされた内容は、今でも気を付けています。

また、新しい仲間と定例会のワークをすると、「あ、そういうところって、言われればあるなぁ」というフィードバックをもらうことがあります。やはり、同じ目的(ファシリテーションを学びたい)という仲間からのフィードバックはありがたいです。

「イラスト無料 ツバメ」の画像検索結果

「自分にとってどんな価値があるのか」を考える

このことについては、目からうろこでした。

自分はもちろんのこと、学生さんたちにもやってほしいなぁと思いました。より授業に対するモチベーションがあがるかも!

セミナーなどは、わざわざ時間を作って、その場所まで行って、お金も払う場合もあり…ということで、積極的に学びたいと思って出向くのですから、モチベーションはもともと高いですよね。

でも、自分自身に「これは何のために学ぶのか?」「自分の専門知識、スキルにどのように役立つのか?」と問いかけて、メモしておくということもあると、課題も確認でき、より深い学びの時間になりそうです。

アイスブレイクの前に、この時間をとるといいのでしょうね!

 

自分の学び、学びの情報提供のし仕方に、すぐに効果のある本でした。

 

 

 

年間レポートできました。

2019-01-04 | ニュースレター

毎年、一年をふりかえって作成しております「ANNUAL REPORT」。

2018年版を作成しました。

ご高覧くださいませ。

2018年もいろいろな機会を頂きました。

少しでも進歩していたい、参加したみなさまの思いが叶うようにするには?と問い続けました。

今年も、このふりかえりをジャンプ台にして取り組んでまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

pdf

ニュースレター第88号「子どもシンポジウムでファシリテート」

2019-01-04 | ニュースレター

子どもが進める「子どもシンポジウム」

毎年行われており、脚本は大人が書いてくださっているのですが、進行は子どもたちで進めていました。

今年は、少し趣向を変えて…。

一部、大人がファシリテートしました、

でも、テーブル(えんたくん)ファシリテーターは子ども達です。

 

どこで、そんなスキルを獲得したのか?とにかく、素敵なファシリテートでした。

ニュースレター第88号「子どもシンポジウムでファシリテート」

こちらから、ご覧くださいませ。

 

pdf

『ワークショップをとらえなおす』ことは、言葉をみなおすこと?

2018-12-28 | ブログ

拙著『多様な市民とつくる合意』と同じ日に出版された『ワークショップをとらえなおす』。

同日にワークショップ、ファシリテーションの書籍が発売になるというのは、偶然なのか?何かの意図でもあったのか?と大変興味を持って読みました。

内容は

「ワークショップ」という言葉が認知され、ファシリテーターだけでなくワークショップデザイナーまで認定されるようになった今、ワークショップへの著者の関心と今まで開発してきたワークショップについてのふりかえりを中心として、ワークショップというものは一体どのような効果が期待され、応えることができるのか?が書かれています。

参考文献には、FAJ(日本ファシリテーション協会)の創設者の堀公俊さん(ファシリテーションに関する著書多数)や、FAJの元理事でフェローの中野民雄さん(初めて『ワークショップ』という名のついた書籍を出版)が挙げられています。所属している団体の方が参考文献に上がっていること自体がうれしく誇らしいです。

中でも一番共感したのが参考文献にパウロ・フレイレ『被抑圧者の教育学』があったことです。20年近く前、NGOの職員を目指す人のファシリテーション講座というのを受講しました。そのときに教えていただいたのがパウロ・フレイレです。この話題、私にとってはたいへん共感し、考え方のベースになっていることなのですが、逸れてしまうので今回はここでストップですね。。。

この参考文献を見ただけで期待が高まりまり、読み進めました。

 

参考文献には挙がっていないのですが、先日読んだケネス・J・ガーゲン、メアリー・ガーゲンによる『現実はいつも対話から生まれる』の社会構成主義の考え方が、入っていました。そこにも、共感を覚えました。

実は…この『現実はいつも対話から生まれる』は、以前このブログでもご紹介した(http://social-acty.com/blog/1404/)「社会構成主義」の考え方を書いた『あなたへの社会構成主義』をもっとわかりやすく書いたものです。

 

名前がつくと新しい未来ができる

『ワークショップをとらえなおす』には、p3に「私たちは、ことばによってあたらしい『世界』を獲得する。つまり、名付けることは、『世界(世界観)』をつくることであり、ことばによって、人びとのふるまいや環境について、秩序立てて語れるようになる。」とあります。

そして、p4に「ひとつのことばを獲得することで、さまざまな〈モノ・コト〉のつながりが明快になり、過去や現在のみならず、将来の活動までもが語りやすく整理される」とも。

社会構成主義では、このことばの意味はそのコミュニティによって定義づけられているので、言葉を再定義することは常識(と思われていること)を再構築し、未来をつくることにつながる、としています。

わたしたちは「ことば」に縛られているのです。その縛りをとくためにも「対話」が必要だということになります。

ワークショップということばが定義され、発展している現状をみて、今一度ワークショップという言葉をとらえなおす必要があるのでは?という問いかけが作者の意図のひとつではないか?と思われます。

 

形式化してしまっている場合も

中野民夫さんの『ワークショップ』が出版されたのが2001年。この18年間でワークショップ、ファシリテーションに関する書籍も数多く出版されるようになり、ワークショップそのものも広がってきています。

広がれば広がるほど、形式だけを取り入れ本質のところが薄くなっていってしまう…というのは、散見されることです。

あえて、ここで一旦ワークショップとは何だったのか?について考えてみる時期なのかもしれません。

となると、中野民夫さんの『ワークショップ』を異なる視点で読み返してみるというのも一つのアイデアだなぁと思いつきました。

「イラスト無料 ワークショップ」の画像検索結果

今一度、「ワークショップをとらえなおす」ことが必要なのかもしれません。

・そもそも何のために行うのか?

・本当に必要なステップなのか?

・主催者・参加者の思いは形になるのか?

・その形には、参加者はコミットできるのか?

・そんなプロセスデザインができているのか?

など、ワークショップのデザインを考えるときには、自分に問いかけて対話しよう!と思いました。

 

2018年も終わろうとしています。1年、お付き合いいただき、ありがとうございました。

今年最後にふりかえって、新しい年を迎えられそうです。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

「AI×ファシリテーションのアイデアを考える会」開催しました

2018-12-19 | ブログ

先日、ファシリテーションとAI(Artificial Intelligence)を掛け合わせると、どんなことができるだろう?ということでアイデア出しの会を行いました。

日本ファシリテーション協会のメンバーが(プライベートな会にもかかわらず)20人も集まってくださいました。

始まりは

名古屋で行われた「人工知能学会 市民共創知研究会:みらいらぼ」でした。

(http://www.mirailabcci.com)

この、みらいらぼは3日間行われますが、3日目は研究者、技術者、話題提供者が開発可能なアイデアを考え、実装していく(ここが課題ですが)というものです。

(昨年のブログにも!ベストプラクティス賞を頂きました http://social-acty.com/blog/2651/)

そのときに、音環境認識…というものを活用すると、ファシリテーターの養成に役立つのでは?と提案しました。

その後、大学院生がプログラミングしてくださり、形になってきましたので、(ファシリテーションといえば!)日本ファシリテーション協会の8月定例会でどのように活用できるかについてアイデア出しを試みました。今年の8月でした。

8月の定例会では、本当の「KJ法」でアイデア創出をしよう!というテーマで、扱う内容を「音環境認識…」にしたのですが、扱う内容が面白すぎること、KJ法で進める方法もヘビーだったことで、うまくアイデア出しまで行きませんでした。

ということで、再度のチャレンジとなったのです。

「イラスト無料 AI」の画像検索結果

情報工学の先生とコラボして

白松先生がこのAIに関わって研究を進めていらっしゃいます。

今回は、名工大の「ラーニングコモンズ」というワークショップができる仕様になっている場所をお借りして行いました。

とっても素敵なワークショップしやすい設備の会場です。3か所にあるスクリーン、変形させやすいテーブル、たくさんあるミニホワイトボード…。いろいろな使い方ができそうで、わくわく度が高まります。

こんなところでワークショップができるなんて、うれしい限りです。

白松先生と大学院生さんが参加というか話題提供をしてくださったので、活発な質疑応答もありました。

プログラミングもずいぶんと進んで、お試しでできるまでになっていました(!)ので、お試しもしてほしい(自分も試してみたい)ですし、アイデアも考えたいということを叶える進め方はないか?とプロセスデザインも考えてみました。

 

進め方(プロセスデザイン)は

OST(open Space technology)という方法をアレンジして進めました。

OSTはホールシステム・アプローチという対話を基礎にした進め方の一つで、本来は2~3日かけて行うものです。

普段、日本ファシリテーション協会(FAJ)では、OSTというとそのエッセンスの問いを参加者が立てて、その話題について話したい人が集まって話し合う(マグネットテーブルとこのごろは呼ばれています)ことを指すようになりました。

今回は、もう少しOSTに近づけまして…

マーケットプレイスというのを入れました。マーケットプレイスは、話し合いたいテーマを立て(本来は自分で宣言します)その人がそのテーマを話す時間と場所を決めます。そして話したい人が集まって話し合うというものです。

【プログラム】

 アイスブレイク

 レクチャー

 話したいこと(テーマ出し)

 マーケットプレイス

 第1~第3セッションまで(1グループはAI体験)

 全体でシェア、ふりかえり

としました。

【やってみて】

・AIを体験して、ふりかえりをしているうちに、活用のアイデアが溢れてきました。こんなに簡単にアイデアが出てくる!きっと、体験そのものと持っている背景が異なる人たちが集まったからこその賜物。多様性がイノベーションを生む!ということを実感しました。

・1時間のセッションの内訳は40分を話し合いにし、20分でポスターセッションと休憩としました。この時間割が心地よく、テンポよく、飽きずにいろいろなアイデアを出し、触れることができました。

・ホワイトボード、模造紙もたっぷりあったので落ち着いて、適切なツールで話し合いをすすめることができました。

・もちろん、ファシリテーションを身につけている人々でしたので、説明も簡単で理解してもらえ、短時間で期待以上の成果も出ました。それがまた、うれしい!

・話し合ったことが実現する!という手ごたえのような、お役に立った気持ち(有用感?)があり、自分達はまた、このことに関わっていきたいというコミットもしっかりと心に根付ききました。話し合いの成果の行方がとても気になります。

などなど、言い出せばきりがないほど、充実したアイデア出し会でした。

 

アイデアソンという方法もスピーディで楽しいのですが、やはりじっくりと対話でき、ほどよい(と感じました)テンポで進むのは、違和感が少ないように思いました。そして絞り込むときも、納得の合意で絞り込めました。対話による話し合いの成果ですね。

やっぱり、話し合いにはファシリテーションは必須!!

このようなたのしい会を開催させてくださった白松先生、プログラムを開発してくださった院生さん、そして、集まってくださったFAJの仲間に感謝します。

 

 

 

 

 


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370