ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

オンラインセミナーのご案内

2020-07-02 | お知らせ

ニュースレターでもご案内しました、オンラインセミナー「自分軸第2弾 For Men」

こんなときだからこそ!理念を育てよう~レジリエントな経営(じぶん)のために~

を開催します。

 

じっくりと自分と向き合い、ゆったりとした人との対話の中で、忘れがちな「自分が大切にしている価値や信念」を思い出してみましょう!

COVID-19で世の中の価値観が変わってきました。

そんな中で、何を軸にしてお仕事をしていったら良いのでしょう?

本当にこれでいいのか?

など経営していたり、フリーランスでお仕事していたりすると、この考えが迫ってきますよね。

今、改めて言葉にしておきたいですね。

どうぞ、お気軽にお越しくださいませ。

日時:1回目 7月25日(土)10:00~12:00

   2回目 8月1日(土)10:00~12:00

   3回目 8月8日(土)10:00~12:00

  *3回全てにご参加ください。

定員:8名

受講料:15、000円のところ経営→10,000円(応援価格)

お申し込みは→https://jibunnjiku2.peatix.com/

 

 

pdf

ニュースレター第106号「オンラインでセミナー!」

2020-07-02 | ニュースレター

自粛解除となりましたね。

自粛期間には、オンラインでのワークショップに参加したり、企画したりしてきました。

これは、NPOの活動として行ってきたのですが…

この度、はじめて。㈱NCRDさんと一緒にオンラインでセミナーを企画して、実施いたしました。

オンラインでは、日本全国どこからでも、どこでもドアのように、パッと集まれるという素敵なことができます。

東京かから九州までの方が参加してくださいました。

 

テーマは「こんなときだからこそ!自分軸を育てておこう~自分らしく今日を生きるために~」

自分の大切にしている価値や思いを再認識しましょう!そして、それを言語化しましょう!というものです。

これがとっても大切なことだとだったんだ!と改めて考える機会にもなりました。

 

その後、参加した方から、ぜひ、経営者やフリーランスの方にもやってほしい、といううれしいお言葉をいただきました。

こちらも、ご案内します。(お知らせをご覧ください)

ニュースレターだ第106号「オンラインでセミナー!」

こちらからご覧くださいませ。

pdf

オンラインでワークショップをしようかなという方に向けて

2020-06-23 | ブログ

COVID-19のお蔭でオンライン化が急速に進みました。

自粛がか解除された今でも、自粛気分が抜けません。

そして、人が集まる「ワークショップ」もなかなか今までのようにはできない状況です。

3蜜を避けることが必須となり、対面ではどのような体制で行えばいいのか?

それが、アイデアや忌憚のない意見を出せるのか?合意形成できるのか?

ファシリテーターにとっても、重要な課題です。

Adobe Stock、「Zoom」などのビデオ会議で使用する背景画像を無料で ...

オンラインで研修やワークショップをやってみようか、という動きも出てきたように感じています。

そんなときに、おやお役に立つようにと思い、日本ファシリテーション協会、中部支部の仲間と作成しました。

https://www.faj.or.jp/base/chubu/uploads/2020/102a15a421286d806d29803820dd6b7cc77f7699.pdf

(FAJ→各地域のFAJ→中部支部→レポート→オンライン ワークショップのために)

 →なかなか見つけられないかも…

 

オンラインでも、いえ!オンラインこそ!ファシリテーションが必要だと思いました。

例えば、丁寧なレクチャーや

メインのファシリテーターだけでなく、テクニカルな分野にもファシリテーターが必要になってきます。

など、オンラインならではのワークショップに必要なコトやモノ、スキルをまとめて、これをみればオンラインでワークショップができるようなガイドブックがあるととってもうれしいなぁと思いました。

その、こんな情報があるといいなぁ、ワークショップを開催して話し合いができる、市民参加ができる!ために、

広くみなさまに知っていただくこことがNPOとしての矜持ではないかと考えました。

それも、できるだけ早く!

無料イラスト] 荷物を届ける配達員 - パブリックドメインQ:著作権 ...

思い立ったらすぐにやってしまおう!それだけ緊急な課題だと思いました。

大急ぎでまとめたので、まだまだ修正が必要です。

6月2日くらいにwebにアップしてもらい、6月末までFAJ内で意見募集しています。

(グーグルスライドにして、FAJメンバーであれば、誰でも編集できるようにしてあります)

なので、今はver.1です。

Linuxみたいに、みんなの知恵を結集できるようになるといいなぁ(これも連携ですね)

メールでご意見くださたさったり、直接修正してくださったり…

なんと、感謝のメールが来たり!(こんなうれしいことは、ありませんでした)

そんな積み重ねのver.2をお楽しみにお待ちくださいませ~

パソコンのメンテナンス | 長距離通勤ライダー

もちろん!ver.1も、そこそこのできですよ~

枚数は多いのですが、これを見て進めていけば、ワークショップはできる!というものにしてあります。

内容をご覧になって、ここは修正したほうがいいのでは?とお思いになったところがありましたら、こちらへご連絡いただいても。

ver.2は編集は任せて!という方が編集してくださるので、より分かりやすいものになるかと思います。

 

今からワクワクしています。

COVID-19。社会が変わりつつあるような気がします。社会を変えるファシリテーターなのかもしれません。

第2波、第3波が来ても、市民参加は止まらない!としたいなぁ

みなさま、ご協力くださいませ。

 

 

 

オンラインでシコウサクゴ?

2020-06-11 | ブログ

先日、日本ファシリテーション協会、中部支部で特別定例会を開催しました。

なんと!劇作家で脚本家の平田オリザさんをお迎えしての定例会でした。

タイトルは「対話を生み出すどらまちっくワークショップ~平田オリザと楽しむシコウサクゴ」。

5月中頃、平田オリザさんをお迎えして定例会ができないだろうか?から始まり、あれよあれよという間に進んだ話でした。

オンラインだと、話も早いです。(場所を移動しなくてもいいので、気軽にできるのかもしれません)

NPO内の手続きも早速に済ませて、仲間を募り、6月7日(日)に開催というハードなスケジュールでした。

平田写真(http://www.seinendan.org/hirata-oriza より)

平田オリザさん、このブログでもご紹介したことがあります。

http://social-acty.com/blog/date/2015/11/

『わかりあえないことから』を取り上げました。

(https://www.amazon.co.jp/わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か-講談社現代新書-平田-オリザ/dp/4062881772/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=分かり合えないことから&qid=1591842594&sr=8-1)

 

今回は、『22世紀を見る君たちへ』を読んだところでした。(なんてステキなタイミング!)

(https://www.amazon.co.jp/22世紀を見る君たちへ-これからを生きるための「練習問題」-講談社現代新書-平田-オリザ/dp/4065190983/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=分かり合えないことから&qid=1591842594&sr=8-3)

 

演劇とファシリテーションの関係?

練習、トレーニングの場ではファシリテーションが活用されているようです。

名古屋の日本舞踊の家元も、お稽古のふりかえりなどでファシリテーションを活用されていらっしゃるとのことです。

 

言葉とコンテクスト(文脈)

オリザさんの今の関心はどうやら「コンテクストのずれ」だったようです。

基調講演では、対話と会話の違い、そこで使われる言葉の大切さ、そこにはコンテキストのずれがあるということでした。

日本には、会話の言葉はあっても、対話をするときの言葉がないと。

明治維新以降、今まで使ったことがない「言葉」をつくってきたそうです。

例えば、討論するときの言葉、これは日本人にはないものだったけれど、諸外国をキャッチアップしていくために必要な討論。

そこに使う言葉を作ってきたということでした。

 

対話の言葉は残念なことに作ってこなかった…(だから、日本には対話がないと)

なんとなく、納得。

 

ファシリテーターとしては、対話の場をつくってきたのに、、、

対話する言葉がないといわれてしまうと、なんとなく残念です。

でも、言葉は変化するものだし、つくっていけるものだとすれば、(現に、討論用の言葉は作ってきたのですし)

対話用の言葉をつくっていけば良いのでは?とも思います。

「対話用の言葉」を考えていかないと!その場にいつ方々と少しずつ創っていけばいい!と思いました。

対話という場があっても、そこにあふれるはずの言葉がないというのは、寂しいので。

もしかしたら、オンライン対話ようの言葉もあるかもしれません。(ここは、考えておく必要がありそうです)

テレワークでオンライン会議をするイラスト | 無料で使えるフリーな ...

そして、コンテクスト

こちらは、(社会構成主義とも通じていて)人によってイメージするコンテクストが異なっているのだ。というお話でした。

例えば、大規模、と言われて、何人を大規模と呼ぶのか?​人それぞれですよね。

それは、話をしてみないとわからないことでした。

50人でも、100人でも、数万人でも人それぞれです。

そのオリザさんのおっしゃる「ずれ」は、分かり合えなさにもつながっていくような気がします。

 

定例会は、オリザさんの基調講演の後、ワールドカフェ、お昼を挟んでディスカッションドラマをしました。

ディスカッションドラマをオンラインで行うのは、オリザさんも初の試み!

スタッフとしての腕のみせどころとなりました。

最後まで必ず読んでください】あなたのソフトテニス人生に革命を ...

スタッフとしては

中部支部の重鎮、テクニカルの重鎮、そして、有望な人たち+東北支部からお2人も参加してくださいました。

全部で9人のスタッフ。

ファシリテーター、テクニカル・ファシリテーター、チャット・ファシリテーターと3チームに分かれて行いました

これまた、連携!を感じました。

9人が1か月もない短期間で、定例会のプログラムを作成、オリザさんとの打ち合わせ、スタッフだけの打ち合わせなど目まぐるしく日々が過ぎていきました。

 

担当を分けたり、各担当はどのように進めていくのか?を考えたり、

特にテクニカル面はどのように進めていくのか?

チャットは?

とテクニカルな話を決めることもとても大切であることを、この3月からの経験で体感していました。

とても、ステキなメンバーで、できました。

そして、そこには一体感がありました。(やはり、連携ですね)

 

アンケートにも、連携がとてもよくできている、ゆったりと語り合える場ができていたなど、チームビルディングがちゃんとできていた、

ということが数多く書かれており、が参加者に伝わるものだと改めて感じました。

テレビドラマのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

スタッフも…

ディスカッションドラマを作るのは90分。

各チームにお任せして、スタッフは一時休憩…

のはずが、同じお題でスタッフでもディスカッションドラマをつくるという、楽しいことも裏で行っていました。

各チームの発表後、オリザさんからのコメントを聞いて、

私たちのドラマは「いいところまで行っていたのでは?」「あと、少しあそこを突っ込んで考えると面白くなったんだ」とわかり、もう一度、作り直したいと思いました。

きっと参加してくださった方々も同じ気持ちだったのでは?

オリザさんのコメントを聞いた後、もう一度チームでふりかえりをするとよかったなぁと思いました。

今度、リアル対面の定例会をすることができたら、ぜひ、最後のふりえりタイムをしっかりと取りたい。

 

今回は特に、企画段階からわくわくした定例会となりました。

(始まる直前は、久しぶりに緊張しました)始まってみれば、スタッフだけでなく、参加した方々と一体になって、みんなで助け合うことができました。

終わって、ほっとするとともに充実感があります。

100+】 ほっとする イラスト - 無料のイラスト素材サイトです

企画段階でもいろいろなシコウサクゴのドラマがありました。

これをドラマ化するだけでも、案外おもしろいかも。

 

ファシリテーターとして、今後を考えていくためのとても良い機会になりました。

最後に、ご出講をご快諾くださった平田オリザさん、私の想いつきに付き合って(前のめり?)くださったスタッフのみなさん、そして、温かく見守りながら参加してくださったみなさんに感謝です。

次回、また、がんばろう!と思ってしまいました。

 

 

 

 

ニュースレター105号「オンラインHUGに挑戦」

2020-06-02 | ニュースレター

5月16日(土)に、日本ファシリテーション協会中部支部の定例会でオンラインHUG(避難所運営ゲーム)を行いました。

避難所に次々に避難してくる人たち、できごとがカードに書かれており、体育館、校舎、校庭も含めて考え配置していくというカードゲームがHUGです。

 

もともと、自粛となることなど全く考えていなかった2月中頃に次年度の定例会の内容を決めました。

その中の一つとしてHUG(このときは本物の)をする予定でした。

ところが、COVID-19で、外出さえもはばかられる状況となってしまいました。

そこで、オンラインでなんとかできないものか?と仲間に相談したところ…実現したものです。

 

やってみると、空間を超えて、障がいを超えて参加してくださるという、ステキな会になりました。

ニュースレター第105号「オンラインHUGに挑戦」ご覧くださいませ。

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370