ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

キャンプの経験とグッズは、避難訓練かも

2015-09-24 | ブログ

大人になって初めて、キャンプに行ってきました。

お恥ずかしいのですが、キャンプは中学校の山の学習以来だったような気がします。

ほとんど初体験でしたが、キャンプの先輩方にお世話になりながら、楽しく一晩過ごしてきました。

キャンプ用品というのは、優れモノがたくさんあるのですね。といいますか、優れモノばかりで驚きました。

そして、当然といえば当然なのですが、キャンプは非日常で、災害時にも活用できる経験やグッズの宝庫でした。

中学生のときと比べて、いろいろと進化しているのですね。

IMG_2593

 

ほんの一例では、

・ コンパクトにしまえて、軽量。(道具だけでなく、食料もコンパクトに)

・ 火力の強い調理器具。(カセットボンベが使えるので火力は安心)

・ 保温性のよい就寝グッズ

など、ひとつ一つに驚きと技術の進歩に感心してきました。

今更ではありますが、「これは災害時にも使える!」と実感しました。

 

アウトドアのグッズを製造しているメーカーからも「非常用持ち出し袋」がでているそうです。

ホームセンターで購入するよりも高価なのですが、品物は持ちがよく、繰り返し使えるものです。

(キャンプの先輩方の説です。私はそう言えるほど使っていないのが残念です。)

 

中身も少し違っています。登山用品・キャンプ用品を製造しているだけあって、視点が違っているような気がします。

例えば・・・

エマージジェンシ―イニシャル セットでは、

非常用

軍手 ではなく ノーメックスグローブ(耐火性もあるたいへん丈夫なグローブ)

懐中電灯 ではなく HCヘッドライト(暗い中でも両手が使え、明るいのです)

はさみ ではなく ビクトリノックス(はさみだけではなく、ナイフやドライバーもつている多機能なツール)

などなど。

これらの使い方に慣れるためにもキャンプは有効だと分かったのです。

(写真は、モンベルのホームページにあるセットです。)http://webshop.montbell.jp/sys_img/related/ecinfo_002_00856.jpg

 

 

こんな小さな即席めんも!

カップヌードルなどおなじみの麺が大きさ半分になっています。

食べ慣れたものを食べると、日常を取り戻せるそうです。日常を取り戻すには、食べることが一番早いそうです。おいしいものをたくさん食べたはずの旅行から帰って来たときも、帰ってからのいつものお茶やコーヒーは、ほっと落ち着きますものね。

非常用2

http://shop.nissinfoods.co.jp/product/refil/

 

フリーズドライのスープやシチューもあります。これなら、たまには手抜きしたいときにも使えそうです。非常用3

 

周りは暗く、とても静かで、川のせせらぎと虫の合唱だけが聞こえました。

大人にはこういう時間が好まれるのでしょうね。

IMG_2601


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370