ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

桜の新名所を市民の手で!

2018-03-17 | ブログ

このところの暖かい陽気で、桜の花の便りもちらりと聞こえるようになってきました。

愛知県岡崎市は、毎年4月1日から桜まつりが開かれ、ソメイヨシノがとても美しい桜の名所です。

https://okazaki-kanko.jp/feature/sakuramaturi/top

岡崎公園の桜(2014年撮影)

 

その岡崎に新しい桜の名所ができています。

桜と言えば、ソメイヨシノが一番に頭に浮かびますが、ソメイヨシノよりも一足早く咲く「河津桜」です。

徳川家康が生まれた岡崎市は、徳川家の家紋から「葵」という言葉をよく使います。この桜も「葵桜」と市民の方々が呼んでいます。

 

以下は、私の記憶の限りですが…

この葵桜は、一人の市民の発想から始まりました。

ソメイヨシノで有名な岡崎。せっかく桜の名所なのに、ソメイヨシノが咲くまでは人は訪れない…。

ということで、ソメイヨシノよりも一足早く咲く河津桜を乙川の堤防に植え、ソメイヨシノが開くまでの間、まだまだ寒い時期に岡崎を訪れてもらおうと考え、少しずつ実行に移していきました。

桜の木の下には、「草取りボランティア募集」の看板が。市民の力を感じます。

ただ、川の堤防は、個人所有ではないので自治体や国の許可が必要になります。

何度も掛け合って植樹を続けたと聞いたことがあります。

市民の方々の応援(資金も手間も)を受けて、みんなで植えていったのだとか。

(今は、お彼岸にも賑わいを!ということでヒガンバナも植えているそうです。)

岡崎市乙川沿いの彼岸花:開花状況

 

 

それが見事に成就し、今では、岡崎市の景観100選にも選ばれるようになったのです。

http://okazakikeikan.boo-log.com/search.php?search=葵桜

その近くでは、発案者で中心人物のお宅のガレージでフリーマーケットを行ったり、トン汁などをふるまったりしながら、知名度を上げ、賑わいをつくっていったのです。

観光名所を市民の手でつくる!市民のパワーを感じます。

 

 

 

そして、散策して体感するだけでなく…

川沿いに建っている公共施設「竜美ヶ丘(たつみがおか)会館」の2階にレストランがあります。

そこから、桜を眺めながら、桜スウィーツをいただく。

目にもお腹にもうれしい時間も楽しめます。

写真は「さくらモンブラン」。桜の香りで幸せ気分です。

 

3月中旬。岡崎へお越しくださいませ。


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370