ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

定例会で話題提供(久しぶりでした)

2018-10-15 | ブログ

10月13日(土)にFAJ(日本ファシリテーション協会)の関西支部の定例会に話題提供者として参加してきました。

(https://www.faj.or.jp/base/kansai/event/20181013-10/)

久しぶりの話題提供でした(何年ぶりでしょう?)。楽しいこと、気づきがたくさんありました。

 

タイトルは「ファシリテーター『私の仕事の流儀』第5弾!トラブル回避は”プロセスデザイン”から ~立ち向かう前に、できることを探ってみよう!~

関西支部で2014年から不定期に開催しているシリーズ。ファシリテーター「私の流儀」。

お題をいただき、何が私のファシリテーションの特徴なのか?何に気を付けてプロセスをデザインしているのか?を見つめてみる機会となりました。

 

内容は…

参加者から提案してプロセスデザインした事例として

 ごみ処理基本計画の一部

 公園基本構想ワークショップ

36人中1人だけが賛成してくれない会議(あらかじめ多数決はしない!と宣言していたのに…さぁ!どうする?)

3つの事例について考えました。

最後に、プロセスデザインのコツを考えました。

所与の条件の共有(予想されるトラブルも含)→グループワーク・グループワークの成果の共有→実際のプログラム(種明かし)

という順に進めました。

(ネタは、この本から!)

(https://www.amazon.co.jp/多様な市民とつくる合意-コミニケーションとファシリテーションのレシピ-林-加代子/dp/4872997913/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1539586486&sr=8-1&keywords=多様な市民とつくる合意)

 

定例会の感想は?

参加した方々はいわゆるまち系のワークショップ参加者が半分くらい。実際にファシリテート側になったことがある人は2~3人。

ということでした。まち系のワークショップのプロセスなんて興味あるのか?状況を理解していただけるのか?など不安もありましたが…

初めてみれば、みなさん熱心に取り組んでくださいました。(感謝です)

・おっちゃんがカギなんだね

・女性や子どもなど多様な人が参加していると進むんだね

・やっぱり、参加者の力を信じることが大事だね

など、素敵な感想をいただきました。

さらに、グループワークの中で「あら、このやり方、いいかも!」というアイデアもいただきました。(ちゃっかり、使ってみます!)

みなさんのご様子を見ていて、まちづくりに関心を持ってくださったことも感じました。

そして、ファシリテーターのみなさんに話題を投げると、素敵なパスがかえってくることも実感しました。

 

定例会で話題提供すると、いいことがあるものですね!

ステキな時間になりました。

 

もう一つのFAJの楽しみ

定例会に参加すると、いろいろな気づきがあります。この部分は上記でお伝えしましたが、もう一つ!

それは、懇親会です。(FAJでは泡の会と呼んでいます 泡・our・hour?)

 

泡の会では、ワークに参加した方の(素面では言えない?)ふりかえりやフィードバックがいただけます。

数年前に関西支部で話題提供させていただいたときには、フィードバック&アイデアをいただきました。翌週他の支部で、同じ話題提供をすることになっていたので、早速取り入れてみました。もちろん、深い学びのあるワークになりました。

(今回も、順番を逆にしたほうが入りやすいなぁという、貴重なアドバイスをいただけました!!)

素直にフィードバックをいただいて、次からのワークに取り入れると、効果テキメンです。本人では気が付かない、参加者の視線からのフィードバックはなかなかいただけません!ありがたいです。

(おいしい食事とお酒。そして楽しい仲間とのおしゃべり。とっても素敵な時間です。)

さらに、出られなかった他の分科会のことも教えてもらえます。

今回は、他の分科会は「インプロ」でした。以前、中部支部にいらしてくださった、東京学芸大学の高尾先生がゲストでした!高尾先生のインプロ講座は、体験した後でその理屈も解説してくださるという、とっても納得度の高い講座です。

(https://www.amazon.co.jp/Learning-×-Performance-インプロする組織-予定調和を超え、日常をゆさぶる-高尾-隆/dp/4385365636/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1539586567&sr=1-1&keywords=インプロする組織)

というような、思いがけない出会いや再会もあります。

 

定例会を十分、堪能しました~(話題提供する方が、参加するよりも気づきや学びが多いのですね。)

 

今回、定例会にお声かけくださったみなさま、参加してくださったみなさまに感謝です。

ありがとうございました。


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370