ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

まちに誇りをもつことは、伝えたいことですね。

2019-03-22 | ブログ

先日、沖縄県の浦添市に行ってきました。

なんと、お仕事で!

うれしくて、テンションが上がりっぱなしで、はしゃいでしまいました。ご縁に感謝しています。

浦添市の誇り、ルーツは

お仕事に先立って、浦添市内をご案内いただきました(これも、とてもありがたいです。市役所の人しかしらない情報を聞けたり、ガイドブックにはないディープなお話やツウの話が聞けます!)。

 

浦添(うらそえ)は、琉球王国発祥の地。ここで生まれた王様(初代 英祖王統)が浦添にお墓をつくりました。これが「浦添ようどれ」といい、現在の浦添公園になっています。

その後、明国との冊封体制がはじまり、交易で栄えました。

200年後、首里城へ遷都しました。奈良と京都のような関係なのでしょうか?

その後、約200年後、7代目尚寧王が浦添から首里城へ行き、王位を継ぎました。しかし、亡くなったときにはまた、浦添に帰っていらしたのだとか…。

奈良に少し似てるかも。(奈良の大学院に通った身としては、奈良大好きです)奈良でも平城京から京都の平安京へ遷都しましたが、都があったという誇りを感じます。それが、まちの風格であったり、誇りであったりするのですね。浦添市にも、風格を感じました。

「せんとくん」の画像検索結果

(これは、奈良のせんとくんでした)

 

その誇りを伝えていきたいというのは、どのまちでも共通なのですね。

誇りを公園にも漂わせることができる?子ども達に、新しく住む人たちに伝えていけると、まちの誇りが広がって、伝わって、歴史を積み重ねていけるのかもしれません。

今回は、そのお手伝いができる!と思い、さらにテンションが上がりました。

 

初めてのワークは

まずは、何を大切にしていきたいのだろう?を共有したいですよね。でも、その前に、まちの歴史は?そこを共有しなくては!ということで、過去から現在、未来へとつながっていくことを実感する「タイムライン」というワークをしました。

20年を遡って、「私・家族」「浦添、この地域」「沖縄・日本・世界」の出来事を書き込みます。

その書き込みをみて、未来へのトレンドを考えます。

このワークは、過去から現在、そして未来がつながっていくことを実感します。未来への思いも生まれてきます。(と私の経験ですが…)

さらに、自分の歴史が地元の歴史、日本や世界の歴史とつながっていることが見えてきます。「あぁ、この世界の中に生きているんだなぁ」と思います。(とこれも、私の経験ですが…)

(さすが!歴史あるまち。20年以上さかのぼりたい!というリクエストにお応えして。20年以上前のできごとも記入OKに!)

みなさんのコミュニケーション力の高さに助けられながら、無事に終了できました。

 

ワークショップ終了後は

沖縄在住のお友達とドライブ&おしゃべり。

御嶽(パワースポットですもんね)に行きパワーを身体に入れて、青い海と空で、さらにパワー充填。

南の植物に感動しながら、もずくてんぷらを頂きました。

沖縄生まれ彼女からは、沖縄の伝統を教えてもらいました、お土産であった沖縄の風習「サン」「ゲーン」について。(これも、住んでいる人だからわかることですね)

食べ物をお裾分けしたりするときに、器に「サン」を一ついれるのだとか…。大きい食べ物には「ゲーン」を。

厄除けのようなことらしいです。お弁当にも入れるとか。これが入っていれば食中毒にならないのかな?

「サン」を調べてみると、ススキの葉でできていて、これを結んで難を逃れたという昔話からきているらしいです。(https://www.city.okinawa.okinawa.jp/sp/about/1610/1620)

さらに、聞くだけでおいしい「もずくてんぷら」の作り方も教えてもらいました。忘れないうちに沖縄産もずくを探して、早速つくってみよう!

心にも身体にも、楽しく、住む人の誇りが伝わってくる行程でした。お付き合いしてくださった彼女に感謝。

(まちの至るところにハイビスカスが咲いています!愛知県では夏の花。ブーゲンビリアも咲いていました。温かさを実感します。)

 

 

 

 


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370