ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

三河湾に浮かぶ篠島へ

2021-01-26 | ブログ

先日、篠島へ行ってきました。

http://www.shinojima-aichi.com


三河湾3離島というそうで、日間賀島、佐久島、そして篠島です。

日間賀島、佐久島は行ったことは何回も。
なのに、篠島は初めて!

2021年 篠島 - 行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー

地元私鉄の名鉄さんのツアーで行きました。
名鉄は乗り放題、定期船も乗れ、さらにカキ御膳がついて8900円。

行きたい!とチラシを見て、ずっと思っていたのです。

ついに
篠島へ!

なんと!「はやぶさ2号」です!

篠島の港に着くとすぐにある加藤清正公の石!

戦国大名で有名は「加藤清正」が普請したという名古屋城の石垣。この石垣の石材の一部がここ、篠島から切り出されていたとのことなのです。(良い石がとれたのですね)

篠島3つの戦国スポット!それが篠島城、清正の石切り場そして枕石

 

 

篠島は神様に近い

伊勢神宮へ献上する鯛を乾燥(?)させる聖地(干鯛調整所)とか、


 

伊勢神宮のお社をいただいた神明神社とか(伊勢神宮の式年遷宮で出るお社をつくっていたご神木で建て直したお社。20年に1度建て直すのだとか)

こんな身近に伊勢神宮に近い場所(もう、聖地です!)があったとは…

 

 

そして、三河湾の恵み

日間賀島はタコやフグで有名。佐久島もフグやカキ…篠島はシラス。

でも、同じ三河湾に浮かんでいるので、フグもカキもタコも美味しいハズです。

お水の影響で生カキはいただけないようですが。
初めていただいたカキの天ぷら。とっても美味しいです。

 

シラス、これも美味でした。

漁業がこの地域を支えているようで、港にはたくさんの漁船が泊まっています。
(ワタセせいぞうの画のようです)

 

初めて訪れた「篠島」
日間賀島、佐久島とは、異なる趣でした。それぞれの島がこんなに距離が近いのにこんなに違う雰囲気なのか?と多様なくらしを感じました。

もう一度、ゆっくりと歩きたい島でした。

港に着くと、こんな鯛が出迎えてくれます。
きっと、お伊勢さんに献上する鯛を象徴しているのでは?

 

 

 

 


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370