ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

災害時の心のケア~素人でもできることがありました~

2018-02-25 | ブログ

毎月1回、開催している「未来茶輪」。

2月は「災害時でも(こそ!)心のケア~臨床心理士に聞いてみよう~」でした。

スパっと本質を言ってくれる、臨床心理士の成田有子さんをゲストにお迎えして、3.11のときに行ったカウンセリングなどをお聞きしました。実際の体験とそこから導かれた教訓など、心に沁みるお話でした。

 

その中で印象的だったのが、「サイコロジカル ファーストエイド」http://www.j-hits.org/psychological/pdf/pfa_complete.pdf#zoom=100 は、素人用にできているということでした。

HUG(避難所運営ゲーム)のアレンジを成田さんと検討していたときに、教えていただいたはずだったのですが…

専門家につなぐまでにどうするのか、という内容なのだそうです。

そして、「こんなときはこんな風に声をかけようね」ということが書かれています。

例えば…

子どもや思春期の人に対応するときには Working With Children and Adolescents
・幼い子どもに対応するときには、椅子に座るか、子どもの視線の高さにあわせてしゃがみましょう。
・学童期の子どもに対しては、感情、心配なこと、疑問を言葉にできるように手助けしてください。普段気持ちを
あらわすのに使っているシンプルな言葉(頭にきた、さびしい、こわい、心配など)を用いましょう。「恐怖」「脅
え」などの極端な言葉は、かえって苦痛を増すので、使わないでください。
・子どもの話を注意深く聞き、あなたのことをちゃんと理解しているよ、と伝えましょう。
・子どものふるまいや言葉が、発達的には退行しているように見えることがあることを知っておいてください。
・言葉づかいを子どもの発達レベルにあわせましょう。幼い子どもには通常、「死」のような抽象的な概念は伝わ
りにくいものです。可能な限り、シンプルで直接的な表現を用いてください。
・思春期の人に対しては、大人同士として話しかけましょう。そうすることによって、かれらの気持ちや心配や疑
問にあなたが敬意を払っているというメッセージを送ることができます。
・子どもに十分な情緒的支えを提供できるよう、親の機能を補強し、支えてください。

というようなことです。

「心のケア 子ども」の画像検索結果

実際に教えてもらった中で印象に残ったのは

パニックになっている子どもには、まず椅子に座らせて、手をその子の膝の上に乗せるように促すこと。

そして、しばらく待ったり、深呼吸したりして落ち着かせる。

のが良いそうです。

デモンストレーションでパニックになった子どもの役をしてみたのですが、このような体勢になると、とても落ち着きました。

緊張してドキドキするときや不安なときなど、このような体勢になれば、落ち着くのでしょうね。

今度、やってみよう!と思いました。

 

もう一つは、あまりにショッキングなことがあると、人は無表情になる。ということでした。

感情をどこかに置いてきてしまうのでしょうか?あまりのことで、受け止められないのかもしれません。

災害時、自分も含めみんなが、そのようなことにならないように、

普段から、「減災」を考えておかないとおけないのだなと思いました。

 

対話の内容は

成田さんのお話の後、みんなで対話をしました。お題は「災害時、素人の私にできる心のケア」として、話し合いました。

・ 言いたいこと、話したいことがありそうなときは、傾聴しよう。

・ まずは、あいさつ。声掛け。

・ 話し合う場をつくる(これ、ファシリテーター的ですね)。

・ 情報をシェアする(ストレスが減るのでは?)。

・ 相手を座らせて、自分も座る。

・ 布でくるんであげる。

等のアイデアが出ました。

これらの事であれば、自分がどの程度パニックになっているのかは分かりませんが、少しはできそうな気がします。

ふだんから、考えておけば、いざというときに思い出せるのではないかと思いました。

「イラスト無料 イスに座る」の画像検索結果

いろいろなことを自分で考え、言葉にしておくことが大切なのだと改めて感じました。

これからも、小さなことでも気になったことは、いったん止まって考えておこうと思いました。

成田さん!貴重なお話をありがとうございました。

 

pdf


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370