ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

観光は文化を魅せること?

2019-10-22 | ブログ

『イギリス人アナリスト日本の国宝を守る~雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言~』デービッド・アドキンソン

(https://www.amazon.co.jp/イギリス人アナリスト-日本の国宝を守る-雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言-講談社-α新書/dp/4062728702/ref=sr_1_9?__mk_ja_JP=カタカナ&crid=29DYR2GV5ZWHS&keywords=デービッド+アトキンソン&qid=1571716858&sprefix=%2Caps%2C606&sr=8-9)

を2014年に読みました。

印象に残っているのは、

「日本の観光産業はまだまだ発展途上。旅先でお金を落とすのは世界共通。インバウンド効果を狙うのであれば、もっと日本の文化を外国人にもわかりやすく解説したり、楽しめるような工夫をしましょう!」

という所でした。もちろん、アナリストであった著者の詳細でグローバルな視点からの日本経済の解説の後でしたので、納得度も高いものです。

 

そのときから、「観光」について、行く先々で考えてきました。

今回は、観光のために生まれ変わった「バリ島」に行きました。見せる観光、そのヒントの一端が見えました。

Wikipedia情報ですが、バリ島は1970年代以降、スハルト政権下で外貨を稼ぐ「観光の島」となっていきます。

伝統文化を観光文化にして、魅せる文化を形作っていったのです。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/バリ島)

 

とても気持ちよく観光することができる島でした。

見事な胡蝶蘭。歓迎!の意図が伝わってきました。
これから過ごす時間を想像してテンションがあがります。

 

例えば…

カーチャーター

タクシーで移動しました。

そのタクシーは、日本語が堪能な方が運転。ガイドもしながら行きたいところへ連れて行ってくれました。

さらに、バリに来たならココ!というスポットも提案してくださり、ガイドブックだけではわからない名所やエピソードも教えてくれました。

カーチャーターするのは、とてもありがたくて便利。しかもお手頃なお値段。

目的地の解説だけでなく、途中の「あれは何?」「なんで、こうなっているの?」みたいなマニアックな質問にも丁寧に答えてくださいました。

絶対に怒らない、とても温和で優しい方でした。(安心♡↑)

 

ダンスも解説付き

バロンダンスとケチャダンスを観ました。

バロンダンスは、予定にはなかったのですが、是非みるべき!と言われ、貪欲に早起きして見に行きました。

12か国語の解説文がありました。

12か国の言語で書かれたダンスの解説書。とても楽しめました。

こんなストーリーでダンスが進むからね。というのがよく分かり、登場人物(?)も、「バロン(良い魂を表す動物)」「ランダ(悪い魂を表す動物)」その他の人物もよくわかり、「今、こんな場面でこういうことをしているのだ」も理解できました。

すると、ダンスがとても楽しいものになりました。

日本でも歌舞伎が音声解説付きで見ることができるようになり、理解できると楽しめるようになりましたよね。

同じことなのだなと痛感しました。

 

その後、きっと「バロン」はジブリ映画の「おもひでぽろぽろ」に出てくるネコのバロンのルーツではないか?と妄想し、バロンファンになりました。その後、バロンに出会うと、まず写真。メロメロです。マグネットを探して連れて帰ってきました。

バロンの動きは、猫のようでした。猫が毛づくろいしているシーンそのもの。そして、日本の獅子舞のお獅子にも似ています。

「ランダ」も憎めない、愛嬌のあるキャラでした。このときは、白と黒、ピンクのボーダー柄の装束で、髪にはお花がたくさん(しかも、黄色とピンク!)お土産でないものか?と探したのですが、出会えず…。

写真の右側が「ランダ」です。悪い魂にしては、トロピカルな色彩。髪にはお花がたくさん飾られています。

 

ストーリーが理解できると、ここまでファンになってしまうのだと体験してきました。

 

 

そこここに、観光客への配慮がある、居心地のよい島でした。

観光に特化する、おもてなしをする。というのはこういうことなのだなと少し理解できました。

 

*バリ島のカーチャーター、オススメです。

 友人の口コミ、ネットの書き込みを見て、予約しました。口コミも大切ですね。

 https://baliwitour.com


 


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370