ソーシャル・アクティ まちづくり&組織の活性化・ファシリテーション

社会が、一人ひとりが、生き生きと生活できる社会の実現をめざしています。

トップ

ポジティブ心理学について学びました

2020-09-24 | ブログ

先日、日本ファシリテーション協会(FAJ)の定例会でAI(Appreciative Inquiry)に挑戦しました。

今回登場するAIは、人工知能(Artificial intelligence)ではなく「価値を認める問いかけ」です。

AIは、ホールシステム・アプローチと呼ばれる、さまざまなステークホルダー(利害関係者)が一堂に集まって、話し合う方法の一つです。弊社として多用しているワールドカフェもこの中の一つです。

書籍では読み、考案したダイアナ・ホイットニーさんの熱い話を聞き、AIの中の一部を体験していたのですが、通しで行ったことはなかったので、わくわくして参加しました。(AIについては、またご紹介する機会があるかと思います。)

その中で、出てきたのがこのブログでもお伝えした「社会構成主義」と「ポジティブ心理学」でした。

 

ポジティブ心理学…

名前から想像すると、前向きに考える心理学?前向きなことを良しとする心理学?

ということで、調べてみました。

すると、今まで経験してきたことや感じたこと、学んだことがつながってきました。

想像とは少し違って(笑)

ホールシステム・アプローチは、あるべき姿を描き、現状をその姿に近づけようと考え行動する「バックキャスト」でアプローチします。

課題解決といわれるのは、あるべき姿は描いてあるのですが、現状はその姿からどれだけ足りないのか、足元を見てギャップを埋めるために考え行動する「フォアキャスト」で考えます。

バックキャストの考え方が、ポジティブ心理学にも通じているものでした。

 

ポジティブ心理学は、ひとときの幸せ(happiness)ではなく継続する幸せ・繁栄(well-being)を目指すものとのことでした。

そのwell-beingを達成するのは、5つの要素(PREMA)があること、個々人の強みに注目すること、でも「ネガティブ」なことを否定はしていないことでした。

5つの要素は

P(positive emotion)能動的であること

E(engagement)没頭する→没頭する状態が続くとflowな状態へ

R(relationship)人間関係

M(meaning)意味・意義

A(achievement)達成感

でした。

イラストACに「リボンいろいろ」をUP☆ | Muk ~Love creative!~

ストーリーにすると、きっとこんな感じなのでは?
「自分のやっていることや存在の意義や意味が分かると、やる気が出て集中できます。この状態を没頭というとして、そのときに自発的に考えて行動することができます。さらに、サポートし合える人間関係があれば、くじけても立ち直れます。さらに没頭すると「ここまでやろう!」と思っていたことを達成できます。この小さな達成感を積み重ねると、ついに大きなことを成し遂げることができます。すると大きな達成感を得られるようになります。そして、ふと気が付くと自分が周りの世界に貢献していた。それを認識することでまた、自分の存在意義を確認できる…」

マズローの人間の欲求5段階説の最上階の上にあるのかもしれません。

マズローの欲求5段階説はご存じの通りですが、最上階の上には「自己超越の欲求」があるといわれています。

きっと、PERMAを実現できると、この「自己超越の欲求」まで行く感覚を持てるようになるのだろうと想像します。

 

ネガティブな感情は強さになる

ネガティブな感情は、人間が進化していく中で危険を察知することから来ている感情なので否定することは生存本能を否定することにもなってしまい、とても難しいことなのだろうと思います。

ポジティブ心理学では、これらの感情を「レジリエンス」としてPREMAを行うため、各自が強みを発揮するときにサポートする機能、スキルであると位置づけているようです。

レジリエンスにもいくつかの要素が整理されています。

自己認識(self-awareness)自分の感情・思考、強み・弱み、価値観。人生の目標を正しく認識すること

自制心(self-regulation)自分の感情や思考、行動を律すること、適切に制御すること

精神的敏捷性(mental agility)物事を多事的にとらえ、大局的見地から対処すること

楽観性(optimism)未来は良いものになる、よくすることが自分にはできると確信をもつこと

自己効力感(self-efficacy)やればできると自信をもつこと

つながり(connection)他者とのつながり

 

これらが心にあるだけで、楽しいお仕事ライフ、人生などが実現できそうな気がしてきました。

(自己啓発系のスキルなどがここから多数発生したというのが理解できました)

未来 イラスト素材 [ 2464542 ] - フォトライブラリー photolibrary

ファシリテーションの場では

プロセスを考えるとき、問いかけを考えるとき、そもそもどのようにアプローチしていこうかと取り組み始めるときに、このスタンスで臨めば、参加している個々人も、団体も、その成果もポジティブになりそうです。

(弊社の目指す社会とぴったり!)

今までも、できるだけバックキャストで考え、話し合いの場が前向きになるように問いかけを考えてきました。

これは、ポジティブ心理学を実践していたのだと思うと、考え方に理論づけができて、心強くなりました。

 

これからも、未来を創っていく!という気概をもって、さまざまなことに挑戦していこう!と改めて思える出会いでした。

 

 


 
更新情報

株式会社ソーシャル・アクティ
〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西2-5-16 TEL:0564-53-0370